面接に革靴の種類は何がいい?面接前にこの革靴を準備する!

LEATHER SHOES

面接のスーツに合わせて、革靴の種類は何がいいのかわからない…

どんな面接でもストレートチップが圧倒的に向いている!

その理由と、おすすめ本格革靴をご紹介します!

面接に向いているのは、本当にストレートチップ?

ここで述べることは、好印象を与えるためにこれでは無ければいけないということではありません。

大切なのは、きれいに手入れされていることです。そこを差し置いて、あえて適切なものとしてご紹介していきます。

また、その後のビジネスのことも考えて永く履くことのできる革靴を面接に向いている革靴としてご紹介できればと思います。

面接に適している革靴の種類

面接の際に履くべき革靴の種類は、ストレートチップかプレーントゥがいいです。

好印象に受け取られるデザイン、むしろ当たり前ととらえられるデザインですので押さえておきたいですね。

ストレートチップ

つま先に一文字のデザインの入った、王道デザインで、冠婚葬祭やビジネス、定番スタンダードの革靴です。

展開ブランドも豊富なのも特徴です。

プレーントゥ

つま先部分に縫い目のない種類で、とてもシンプルです。縫い目のない一枚革を加工して技術の必要なデザインです。

段差も少ないため靴磨きもしやすいものとなります。

茶色は面接の革靴として向いていない?

黒がいいです!

年を重ねると他との差を出したくなる、知らず知らずに出してしまっているということがありますが、面接後の仕事では、一から出直す気持ちで仕事に取り組むことも必要です。

面接官によっては、そんな姿勢を第一印象からとらえる方もいることも想定して、色はブラックで準備されることをおすすめいたします。

ブラックのプレーントゥやストレートチップは、面接以外の様々なシーンで活躍するので、新調してもいいと思います。

スポンサーリンク

合皮と本革は面接に影響する?

合皮と本革は、どちらでもいい。

合成皮革も、きちんと磨くと高級感が増しきちんとした印象を与えることができます。

今後の利用頻度を考慮すると、本革のソールの交換ができる製法で作られた本格革靴を準備することも検討してほしいところです。

ベルトの色も合わせよう!

どのような革靴にしようともベルトも色を合わせることできちんとした印象は格段にアップします。

おしゃれということもありますが、身だしなみの基本と捉えて意識しましょう!

まとめ

転職の面接では、本格革靴の黒のストレートチップをおすすめします。

高価なということではなく、永く就職後も履き続けることができるほうが、圧倒的に経済性もよく、愛着も湧き、相手に与える印象もよくなります。

無難に選んでいくと、他と同じになり大丈夫?という方もいるかと思います。そこで差をつけるのが、きれいに手入れされているかです!

面接官にも靴磨きを趣味にされている方はたくさんいて、靴磨きに興味がない方にも好印象が与えることができる靴磨きは、最強ですね!!

タイトルとURLをコピーしました