コスパ最高!グッドイヤー製法の革靴【モラルコード】

合皮【合成皮革】の革靴のお手入れ方法。磨くのってあり?

合皮【合成皮革】の革靴も磨くと高級感が出て、革も長持ちします!

一種の保護膜として作用し、傷がつきにくくなったり、表面の塗装がひび割れることも防止してくれます。

何より、本革でなくても革靴に高級感が生まれ、靴磨きの楽しさを知ることができます。

それをきっかけに長持ちする革靴の興味も湧いてくることで、長く革靴と付き合う機会にしてもらえると思います。

合皮、本革問わず是非鏡面磨きにチェレンジしてみてください!

[say]お手軽なお手入れ方法も合わせてご紹介いたします![/say]

目次

合皮【合成皮革】の革靴の手入れ

合皮の簡単お手軽なお手入れ

合成皮革の革靴は、素材の特性上、布の表面に「塩化ビニル樹脂」や「ポリウレタン樹脂」などでコーティングされています。

そのため、保革や保湿の必要がないのです。

[alert title=”合皮のお手入れ”]革の表面をきれいにするだけ![/alert]

※靴磨き用の携帯スポンジや靴磨きシートがあるとより便利で手軽に済ませられます。

おすすめの簡単お手入れグッズ

この二点は、どちらを選んでも間違いないです。携帯性にも優れた大きさと、磨いた後のキレイさは秀逸です。

コロンブスコンパクトシューシャイン

シリコン系溶剤を含んだスポンジです。

皮膜を作ることで、輝きを出して、保護膜としても作用します。
また、これまで見た中で一番、携帯性に優れた「靴磨き用品」です。

[say img=”” name=”くつのトリコ” from=”right”]見た目もシックでおすすめです。[/say]

【コロンブスコンパクトシューシャイン】レビュー

無印良品 携帯用靴磨きシート

鞄の中、自宅の玄関に置いておいても邪魔にならない。
こちらも、ホントにきれいになります!

[card2 id=”3109″]

【無印良品の携帯用靴磨きシート】レビュー

合皮の革靴こそ普段のお手入れが大切

合成皮革の革靴は、アッパー(甲の革)部分に入るシワが本革よりも戻りにくい性質があります。

放置してしまうと、ひび割れの原因になりますので、シューツリー(シューキーパー)でシワを伸ばして保管することが大切です。

合皮普段のお手入れ手順

[timeline][tl label=’STEP.1′ title=’ブラッシング’] 馬毛ブラシで埃をはらいましょう [/tl][tl label=’STEP.2′ title=’シューツリーを入れて保管’] アッパーのシワを伸ばせる大きさのものを選びましょう[/tl][tl label=’FINISH’ title=’完了!’][/timeline]

シューツリー【シューキーパー】の重要性と革靴の型崩れ防止以外の理由

合皮の革靴もきれいに履きたい!しっかりお手入れ

手順は、本革のものと同じでいいと思いますが、合皮の革靴のほうが手順を省いて行っていいと言えます。

準備するもの

[box class=”box1″]
1.シューツリー(シューキーパー)
2.馬毛ブラシ
3.ぺネレイトブラシ
4.豚毛ブラシ
5.靴クリーム(革の色に合ったもの)[/box]

合皮【合成皮革】の革靴の磨きの手順

革に栄養は入っていかないため、デリケートクリームなどの栄養補給は不要。

埃を落とし、艶出しのためのクリームを塗って、艶出しのブラッシングできれいによみがえります。

[timeline][tl label=’STEP.1′ title=’靴ひもを解いてシューツリーを入れる’] 初めにシワを伸ばしましょう[/tl][tl label=’STEP.2′ title=’馬毛ブラシでブラッシング’]ホコリを払うブラッシングです[/tl][tl label=’STEP.3′ title=’靴クリームを塗布’] できるだけ薄くのばしましょう [/tl][tl label=’STEP.4′ title=’タ余分なクリームを布で除去’] 乾いた布で磨きながら行います [/tl][tl label=’STEP.5′ title=’豚毛ブラシでブラッシング’] つやを出すブラッシングです [/tl][tl label=’FINISH’ title=’完了!’][/timeline]

合成皮革の靴磨きでもシューツリーは初めに入れましょう!

合皮【合成皮革】も鏡面磨きできる!?

[say name=”くつのトリコ” img=”https://marublog.me/wp-content/uploads/2021/01/D9A992EE-44CE-4625-B2A2-5E1BDD672370-scaled.jpg” from=”right”]十分できます!本革より易しいです。[/say]

鏡面磨きは、革の凹凸をなくしていくようにして鏡面仕上げにしていきます。

革は、毛穴やシボ、革の傷(目に見えにくい)が無数にあり、あのような見た目になっています。その凹凸をワックスでならし、鏡面にしていきます。

合成皮革は、加工方法にもよりますが、

[memo title=”POINT”]・毛穴が無い
・凹凸の少ない革質となっている[/memo]

そのため、本革より早く少ない手順で鏡面にすることができます。

鏡面磨きに必要なもの

先に説明した合成皮革のお手入れに加えて、ワックスと布を準備し、鏡面磨きに入っていきます。

[box class=”box1″]
1.ワックス(色はニュートラルまたは、靴の色に合ったもの)
2.布(万能布)
[/box]

合皮の鏡面磨きの手順

手順5までは、手入れ方法と同じです。

[timeline][tl label=’STEP.1~5′ title=”]合皮の基本的なお手入れ [/tl][tl label=’STEP.6′ title=’油性ワックスを鏡面仕上げにしたい部分に塗る’] 油性ワックスを鏡面仕上げにしたい部分に円を描くように塗り込みます。はじめは定着するまで2.3回塗り込みます。左右交互に行って乾燥させながら塗ります。[/tl][tl label=’STEP.7′ title=’油性ワックスを塗った部分を磨く’] 油性ワックスを磨いた部分を優しくソフトに磨いていきます。円を描くように触れるか触れないかのような容量で磨きます。その際に、水を1.2滴つけて行うとさらにピカピカになります。 [/tl][tl label=’FINISH’ title=’完了!’][/tl][/timeline]

合皮【合成皮革】の鏡面磨きってかっこ悪くない!?

[say]むしろかっこいいですよね![/say]

まず、しっかりケアしていることでとても靴を大切にしていることがわかります。

私の同僚にも合成皮革の革靴に鏡面磨きを施して、お客様より靴を褒められたり、きちんとしている印象を持ってもらったということも聞いています。

同僚の本人も靴磨きにはまってよかったと、本革の靴に興味を持ってスコッチグレインの靴を購入していました。

こちらの画像はその同僚たちと一緒に磨いた時のものです。

\インスタグラムもフォローお願いいたします!/

https://www.instagram.com/p/B2JMValpoom/

まとめ

合成皮革の革靴でも靴磨きは、やる価値があります。

長持ちするメリットの他に、見た目や楽しさ、革を傷つけにくくすることで、長く履くことが出来るようになります。

何より、革靴としての魅力をUPさせることができます。

また、ビジネスにおいても合成皮革だからといって失礼にあたることはないので、きれいに磨いて清々しい気持ちで仕事ができる状態にしてあげましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

つかっていて心ときめくモノやワクワクするモノをお届けしています。ときめくモノで靴磨きを楽しむことで、一足でも多くの靴が長く履き続けられますように。インスタグラムでは、友人や同僚の靴を磨いたり、一緒に革靴で遊んでいる様子をたまにUPしています。

目次
閉じる