革靴に合うTRANSICのビジネスバックがレジにて10%OFF!公式サイトリニューアル記念SALE!

革靴のきつい!痛い!をやわらげる硬い革を柔らかくする5つの方法と必要なもの

靴ずれが怖くて革靴が履けない…

履いていても中々革が馴染まなくて、痛いのを我慢している。我慢しているとせっかくのお気に入りの革靴も台無しですね。

そんな痛みを和らげてより愛着のわくような革靴との付き合い方になること間違いなし!

革靴全体にデリケートクリームを塗ることで解消できることがほとんどですので、是非取り入れてみてくださいね。

他の革靴を柔らかくする5つの方法についてもご紹介していきます。

目次

まずは、デリケートクリームで革靴全体をケア

革靴は新品だと硬く、自分の靴として履き慣れるには時間が必要です。

ただ、せっかく気に入って購入した革靴がすぐ履けないとなると残念ですね。

革は水分を含むとふっくらして、柔らかくなる性質がありますので、デリケートクリームを革靴全体に塗ることで、革がふっくらして柔らかくなります。

靴の内部まで塗ることがコツとなりますが、大量に塗りすぎてしまうと柔らかくなりすぎて型崩れの恐れもあるため注意しましょう。

\プレメンテナンスを詳しく見る/

革靴を柔らかくするメリット・デメリット

革を柔らかくすることで履き心地など良くなることもなれば、やりすぎてしまうことも。
『適度に行うことが大切』と頭に入れておくだけでもデメリットを避けることが出来ます。

メリット

革靴を柔らかくすることでより自分の足にフィットさせることができ、靴擦れや足への負担を減らすことができます。

革を柔らかくするメリット
  • 靴擦れ予防
  • 足の負担を減らす

デメリット

革靴を柔らかくしすぎるとフニャフニャになり、自分の足にフィットしないどころか見た目も悪くなり、靴として履けなくなる可能性があります。

革を柔らかくするデメリット
  • フィットしなくなる可能性がある
  • 本来の形が損なわれる

革靴を柔らかくする5つの方法

革靴を柔らかくする前にどの方法においても汚れが外側、内側どちらにもあると思います。

その汚れが、頑固になることもありますので、まず綺麗にお手入れをしてからやりましょう。

5つの方法
  1. クリームやオイルで馴染ませる
  2. 歩いて足にあわせる
  3. ストレッチャーを利用する
  4. 革を揉む
  5. オリーブオイルをぬる

クリームやオイルで馴染ませる

革用の皮伸ばしクリームやオイルを塗ることで柔らかくすることができます。革にクリームを馴染ませるために豚毛ブラシで強めにブラッシングをすると良いです。

革靴の内側も革でできていることが多く、デリケートクリームを塗ることで柔らかくするだけでなく栄養と潤いを与えることができます。

ワックスであれば柔軟性のほか艶だし、撥水、抗菌効果がああります。

ソールが革の場合は、ソールもオイルを塗ることで柔らかくなり、水の浸透と劣化を防いでくれ、硬直の予防や軽減をする効果があるものもあります。

ホースオイルクリームは、ミンクオイルと同じくらい浸透性があり、体温で解けるため塗りやすいという特徴があります。

歩いて自分の足に合わせる 

慣れない革靴の場合、足に負担がないように痛くならないうちに歩くのをやめ、少しずつ革を自分の足に馴染ませます。

革靴を履き慣れるのに焦って頻繁に利用すると靴づれの原因になり、足のトラブルになりやすいので注意が必要です。

シューストレッチャーで革を伸ばす

シューストレッチャーという器具で革靴の内側から物理的に革を伸ばすことで革靴を柔らかくすることができます。

革靴を柔らかくするには数日待つ必要があります。

さらに、今回ご紹介している革靴を柔らかくする方法とシューストレッチャーを併用すればさらに効果的です。

革靴を揉む

アッパーを揉みほぐす ことで多少柔らかくすることが出来ます。

シワを誘発しますので、変なシワがつかないよう気を付けましょう。

オリーブオイルを塗る

革がふっくらして、柔軟性が出ますが塗りすぎてしまうと、革が伸びすぎてしまったなんてことも。量に気を付けて行いましょう。

革靴を柔らかくするために必要なもの

以下の4つを準備しましょう。

・革用のクリームやオイル、ワックス
・きれいな布
・割りばし
・エタノール

おすすめの革靴を柔らかくするケア用品6選

実際に使ってみた中でおすすめのケア用品をご紹介いたします。

モゥブレィ ストレッチミスト

痛い思いをされている方に評判の「ストレッチミスト」使った日から実感があり、柔らかくするというより若干伸ばす効果があります。

モゥブレィ デリケートクリーム

ゼリー上のソフトタイプの皮革製品用栄養クリームで、伸びも良く、革にしっかりと浸透し、潤いと柔軟性を保ってくれます。

油と蝋の配合が少なめで水分主体のクリームのためマットに仕上げたい時に最適です。

ブートブラック リッチモイスチャー

全ての皮革関連業態に90年以上携わってきた株式会社コロンブスの「磨きのプロ達」が作り上げたシリーズ商品です。

メイドインジャパン商品で、アルガンオイル、マカダミアナッツバター、ひまわりバターを配合しています。

ツヤ革靴に保革と自然なツヤだし効果も与えます。

コロニル ストレッチムース

1909年ドイツ創業で欧州初め世界約100カ国に愛用されているブランドです。

甲や関節が当たって痛い部分、窮屈な箇所を部分的に伸ばすときに用います。

ダスコ シューストレッチスプレー

名だたる高級紳士靴ブランドからも絶大な信頼を受けており、1946年にロンドンで設立されシューケア用品として販売されたブランドです。

きつめの革靴の革を柔らかくし伸ばしてくれる皮革柔軟剤で、靴の内側からスプレーして歩きながら革を伸ばすことができます。

タピール レーダーオイル

ソールいわゆる革底を柔軟にするオイルです。レザーソールもはじめは硬く、キツい印象の原因のひとつですので、併せて検討してみて下さい。

革靴を柔らかくするのにNGな方法

ドライヤーの熱風を当てたり、消毒用エタノールで湿らせるなどの方法を紹介していることもありますが、革靴をダメにしてしまうリスクが大きすぎるのでやめましょう。

染みになるだけでなく、傷がついたり、分解してしまう恐れがある松根タール、ひまし油、鉱油など革にとって有害な化学物質を含むオイルにも注意が必要です。

NG①:ドライヤーを使って柔らかく

革が極度に乾燥して、後々のひび割れの原因となりますのでやめましょう。

合皮の場合は、効果がありますが、風を当てる際に距離には気をつけます。

NG②:エタノールを使って柔らかくする

エタノールが揮発する際に、必要な水分まで損なわれる事があります。

こちらもひび割れの原因となりますので、やめましょう。

NG③:革にとって有害なオイルを使う

分解してしまう恐れがある松根タール、ひまし油、鉱油なども革の致命的ダメージを負いますので、やめましょう。

革靴を柔らかくしすぎた場合

柔らかくし過ぎないようにすることが一番大切ですが、革靴を柔らかくしすぎてしまい、逆に硬くしたい場合は、形を整え、そのまま時間を置きましょう。

硬くなるために時間をおくというのが革にダメージを与えず最善の方法と言えます。

硬化剤使用したり、丸洗するなど方法がありますがリスクが高いです。

プロに丸洗いをお願いすることもできますので、検討した上で、自身で行えるか十分検討して行います。

\自分で洗ってみる/

まとめ

革靴はメンテナンスが面倒だとか、自分には合わないと思っている人もいるかもしれません。

しかし、ファッションの中でも革靴を用いることが多くなった現代ではどうしても革靴を履きたい、履かなくてはならない場合があるでしょう。

もし、革靴を柔らかくするのに心配であったり、何を塗れば良いのかわからない場合は靴屋さんで相談するのもおすすめです。

【人気のモラルコードの新作登場!】コスパ最高のグッドイヤーウェルト製法の革靴が脅威の2万円台

グッドイヤーウェルト製法の革靴が、なんと2万円台で手に入る!
先日リリースされたばかりですでにサイズに限りがあるものも…

ジャストサイズが見つかれば、運命の出会いかも!?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

つかっていて心ときめくモノやワクワクするモノをお届けしています。ときめくモノで靴磨きを楽しむことで、一足でも多くの靴が長く履き続けられますように。インスタグラムでは、友人や同僚の靴を磨いたり、一緒に革靴で遊んでいる様子をたまにUPしています。

目次
閉じる