デリケートクリームと靴クリームの違いは?デリケートクリームの用途も解説

SHOE CARE

デリケートクリームと靴クリームの違いは、内容成分の違いでろう成分が少ないのがデリケートクリームです。

そのため、デリケートクリームは用途が多様で様々な革製品に利用できます。

デリケートクリームの成分

靴以外の革製品は、つやを出しすぎたりろうによるべたつきなどが出ると困ることがあります。靴クリームに比べ、水分量が豊富なため、栄養潤い柔軟の効果があるものになります。

見た目は、非常にプルプルした柔らかいジェル状のクリームで非常に伸びがいいことでいろいろな皮革製品に使えるように作られています。

表皮がバックスキンなどの起毛素材でなければ、どんな種類の革にも対応できる本当に便利なクリームです

用途はさまざまな革製品のメンテナンスが可能

革で出来ている製品は、すべて保湿や栄養補給を施すことができます。水分量が多く伸びもいい、何よりべたつきのないクリームということで大変重宝いたします。

革靴

革の潤いを保革するために必要な水分の補給を行うことができます。

新しい靴などは、つやを求めないこともあるため、デリケートクリームを塗布してブラッシングしての栄養補給がお手入れの方法となります。

また、放置してしまった革靴の革質の復活や、水洗いした後の保革もできるため、革靴のためにも1つは準備しておきたいアイテムです。

革の鞄・財布などのレザー小物

革の鞄や財布は、手で握る部分が他の部位に比べると痛みが早くなります。

手についた汚れが、革の油分や水分を取ってしまうため、定期的に行うことで長持ちさせることができます。

デリケートクリームでのケアをすることで、風合いの経年変化を楽しんだり、何よりお手入れをしていくことで愛着もより一層湧いてきます。

スポンサーリンク

レザージャケットなど

面積の広い革製品は、伸びのいいデリケートクリームを薄くのばして塗布することで、シーズン物の革製品など乾燥から守ってくれます。

感想時期に利用するレザージャケットは、保湿作用のあるデリケートクリームが活躍します。

ただし、塗布したままの保管は、カビの対策が必要となりますので、ご注意ください。

保管前は、クリーニング店での相談をおすすめいたします。

靴クリームを分けて考えるのはなぜ?

靴クリームとデリケートクリームの最大の違いは、ろう成分の量となります。

靴クリームは、艶やかな色と光沢を実現させるため塗布した後に少し乾燥時間を設けて磨いていきます。

艶をが出るろうがたっぷり入っている靴クリームは、まさに革靴専用の栄養剤ということになりますね。

デリケートクリームと靴クリームでは、保湿保革と艶出しといったように利用目的が違ってきますので、是非ご自身に必要なクリームはどちらなのかを検討したうえで準備してください。

まとめ

デリケートクリームは、様々な革製品のお手入れに多様できるため靴磨きを始める際にまず準備したいアイテムです。

もちろん、靴磨きをするわけですから後々は靴クリームも準備していくことになりますが、他にも革製品をお持ちであれば、デリケートクリームをおすすめいたします。

タイトルとURLをコピーしました