歩きやすい革靴の見極め方とは?足に合った靴に巡り合うために

LEATHER SHOES

歩きやすい革靴なんてあるのかな。

と思うほど、革靴はなじむまでの時間、ものによっては時間をかけて我慢して履いても中々フィットしないなんてことがあります。

本来靴は、安全に足を保護しながら歩行ができるようにあるもので、その靴に足を傷つけられてしまっては、本末転倒ですね。

また、スニーカーのようなデザインでは、ビジネスシーンにおいては中々使う場所やタイミングも制限されて選び方としてはどうかなといったところでしょうか。

本格的な見た目の革靴で、歩きやすい。そんな夢のような革靴に出会えたらこの上ない喜びですよね!

これまでかかとの靴ずれや、アッパーのしわに甲をかまれたりと、革靴を買うたびに我慢し続け、ようやく快適に履ける革靴に出会った経験を元に、自分に合う革靴の見極め方をご紹介していきます。

歩きやすい革靴は、何はともあれサイズ合わせ

とにかくたくさん試着しましょう。

デザインや好きなブランドで選ぶことが、大きな失敗の一つに挙げられます。気になったブランドがあれば、そのブランドのクラシックな一足を試し、歩いてみてしっくりくるものをえらびましょう。

多少の違和感だから、革は履いているうちに馴染みますから…とどこの店員さんも言いますが、何足か試すまでは検討してくださいね。

シューレースタイプを試しましょう

参照元:amazon.co.jp

革靴は、かかとを合わせて足の甲をしっかりホールドしてサイズ確認をします。まず、そのブランドのどのラスト(木型)が合うのか分からないまま、ダブルモンクやスリッポンなどのデザインタイプでの試着は、そのホールドされた状態が作りにくく判断がしにくいため避けましょう。

ストレートチップやプレーントゥなどの定番でクラシックなタイプの革靴は、歩きやすい靴に出会うためには、履いておきたいデザインの一つでしょう。

浮かないかかと

参照元:amazon.co.jp

シューレースを締めしっかりホールドされた状態で歩いてみましょう。かかとは浮かないか、小指がつぶれていないか、歩いた際に甲の肉が革のしわに挟まれていないかなどの履き心地を確認します。

スポンサーリンク

アッパーは本革に

参照元:amazon.co.jp

歩きやすさは圧倒的に本革ですね。

自分の足に合う革靴に出会っていないのであれば、革ってはじめは本当に硬くて痛いから…と印象を持ってしまった方もいるかと思います。

ただし、足に早くなじむのは、本革の革靴です。本革は、水分を含むことで柔らかく、ふっくらしてきます。その状態になった革の革靴は、足馴染みが良く、程よいホールド感があり、どんどんどんどん歩きやすくなっていきます。

合皮では、得られないフィット感までたどり着く可能性がありますので、是非本革のものを検討ください。

ソールは、レザー?ゴム?

参照元:amazon.co.jp

両方試しましょう。特に歩いた際の滑りやすさや、なじみも変わってきます。新品の状態での判断は難しい要素にはなりますが、歩きやすさの観点でいうとゴムがおすすめです。

革のソールは、アッパーの革より足馴染みが遅く、なじむまでの時間を要することがあります。ゴムのソールは、歩く際のすべりが少なく、グリップが効くためおすすめです。

歩きやすい革靴のおすすめ

参照元:amazon.co.jp

特にブランドにこだわりはない方は、是非国内メーカーのブランドより試し履きしてみてくださいね。

国内メーカーは、これまでの日本人の足型の特長を理解できるデータをもって制作している可能性が高く、私たち日本人のビジネスマンにあう木型になっている可能性が高いからです。

歩きやすい革靴のおすすめ

三陽山町のドレススニーカーシューズは、おすすめです。

10年間の足型のデータを蓄積し木型制作を行っています。その日本人のための革靴を体現した三陽山町のラストで作られた歩きやすい革靴は、試着したその時から足馴染みが良くまさに、「歩きやすい革靴」と言えるでしょう。

また、かかと部分のクッション材や、ソールのホールド感、外形からも想像できるように足を包み込むような形状を取っており、サイズさえしっかり合えば、ビジネスマンにとっては理想の一足と言えますね!

終わりに

革靴は、いつまでたっても痛いままとあきらめずに購入の際は、試着を頑張りましょう。本革のものであれば、数年の付き合いになりますし、歩きやすさは圧倒的に優先すべき条件です。

また、その歩きやすさは、サイズ選びや足に合った木型に巡り合えた時にしか味わえない快感です。

是非、ほしいデザインに惑わされることなく、試着をたくさんして、ご自身の足に合った歩きやすい革靴を見つけてください!

タイトルとURLをコピーしました