コスパ最高!グッドイヤー製法の革靴【モラルコード】

【疲れないビジネスシューズ】安くて高級感のある歩きやすい革靴とビジネス用スニーカー

歩きやすい革靴なんてあるのかな。

と思うほど、革靴はなじむまでの時間、ものによっては時間をかけて我慢して履いても中々フィットしないなんてことがあります。

本来靴は、安全に足を保護しながら歩行ができるようにあるもので、その靴に足を傷つけられてしまっては、本末転倒ですね。

また、スニーカーのようなデザインでは、ビジネスシーンにおいては中々使う場所やタイミングも制限されて選び方としてはどうかなといったところでしょうか。

本格的な見た目の革靴で、歩きやすい。

そんな夢のような革靴に出会えたらこの上ない喜びですよね!

これまでかかとの靴ずれや、アッパーのしわに甲をかまれたりと、革靴を買うたびに我慢し続け、ようやく快適に履ける革靴に出会った経験を元に、自分に合う革靴の見極め方をご紹介していきます。

目次

歩きやすい革靴は、何はともあれサイズ合わせ

デザインや好きなブランドで選ぶことが、大きな失敗の一つに挙げられます。気になったブランドがあれば、そのブランドのクラシックな一足を試し、歩いてみてしっくりくるものをえらびましょう。

多少の違和感だから、革は履いているうちに馴染みますから…

とどこの店員さんも言いますが、何足か試すまでは検討してくださいね。

通販で購入する場合は、必ずサイズ変更を快く受けてくれるところで購入しましょう!

返送料や手数料等すべて「無料」でサイズ交換のモラルコード

シューレースタイプを試しましょう

革靴は、かかとを合わせて足の甲をしっかりホールドしてサイズ確認をします。

まず、そのブランドのどのラスト(木型)が合うのか分からないまま、ダブルモンクやスリッポンなどのデザインタイプでの試着は、そのホールドされた状態が作りにくく判断がしにくいため避けましょう。

ストレートチップやプレーントゥなどの定番でクラシックなタイプの革靴は、歩きやすい靴に出会うためには、履いておきたいデザインの一つでしょう。

浮かないかかと

シューレースを締めしっかりホールドされた状態で歩いてみましょう。

かかとは浮かないか、小指がつぶれていないか、歩いた際に甲の肉が革のしわに挟まれていないかなどの履き心地を確認します。

特に日本人は、かかとが小さい為、海外ブランドなどはかかとのフィット感が合わず苦痛が伴いやすいです。

アッパーは本革に

歩きやすさは圧倒的に本革です。

自分の足に合う革靴に出会っていないのであれば、革ってはじめは本当に硬くて痛いから…と印象を持ってしまった方もいるかと思います。

ただし、足に早くなじむのは、本革の革靴です。本革は、水分を含むことで柔らかく、ふっくらしてきます。その状態になった革の革靴は、足馴染みが良く、程よいホールド感があり、どんどんどんどん歩きやすくなっていきます。

合皮では、得られないフィット感までたどり着く可能性がありますので、是非本革のものを検討ください。

レザーソールのグッドイヤーウェルテッド製法

特に歩いた際の滑りやすさや、なじみも変わってきます。

新品の状態での判断は難しい要素にはなりますが、歩きやすさの観点でいうとゴムがおすすめです。しかし、足の汗の発散性を考慮すると、レザーソールを履きならすことをおすすめします。

革のソールは、アッパーの革より足馴染みが遅く、なじむまでの時間を要することがありますが、なじんだ時のフィット感は、唯一です。

さらに、グッドイヤーウェルテッド製法は、ソール内部にコルクは仕込んである製法で、履く方の足の形に徐々になっていき、フィットしてきます。

何度も、ソール交換ができる製法なので、価格は張りますが、パフォーマンスに優れているため、初期コスト次第では、何度も履きつぶすより生涯コストも抑えられますね。

高品質紳士靴の定番「グッドイヤーウェルト製法」が驚きの価格【MORAL CODE】

歩きやすい革靴とビジネススニーカーのおすすめ

特にブランドにこだわりはない方は、グッドイヤーウェルト製法の革靴ブランドより検討してみてください。

履く人の足型に徐々になっていく製法は、必ず満足できる履き心地に変化していくことでしょう。

高品質紳士靴の定番「グッドイヤーウェルト製法」が驚きの価格【MORAL CODE】

歩きやすい革靴はコスパで選べばモラルコード

モラルコードの革靴は、グッドイヤーウェルト製法でかつ、製造者が直接販売することで、ありえないコストパフォーマンスを誇ります。

日本とアメリカのオンライン独占販売という、販促費用も最小限に抑えて、履いていただいた方により満足してもらえるような仕組みで注目度が一気に上がっています。

モラルコードのビジネスシューズおすすめ

ウイングチップ HOLDEN 

【製法】
グッドイヤーウェルテッド製法

【素材】
アッパー:牛革カーフ・牛革スエード
ライニング:牛革
ソール:高級レザーソール

【カラー】
ブラック・ダークブラウン・タウペスエード

ストレートチップ NEWTON

【製法】
グッドイヤーウェルテッド製法

【素材】
アッパー:牛革カーフ・牛革スエード
ライニング:牛革
ソール:高級レザーソール

【カラー】
ブラック・オーク・サンドスエード

BRICE ブライス ブルー

【製法】
グッドイヤーウェルテッド製法

【素材】
アッパー:牛革カーフ
ライニング:牛革
ソール:高級レザーソール

【カラー】
ブルー・ブラウン・オーク

ビジネス用スニーカーのおすすめ

ビジネススニーカー GREVES

【素材】
アッパー:牛革カーフ
ライニング:シープ革・レザーフットベッド
ソール:EVA軽量ソール

【カラー】
ブラック・ダークブラウン・グレー

ビジネススニーカー JONES

【素材】
アッパー:牛革カーフ
ライニング:牛革・レザーフットベッド
ソール:EVA軽量ソール

【カラー】
ブラック、ダークブルー、ダークブラウン、レッド

終わりに

革靴は、いつまでたっても痛いままとあきらめずに購入の際は、試着を頑張りましょう。本革のものであれば、数年の付き合いになりますし、歩きやすさは圧倒的に優先すべき条件です。

また、その歩きやすさは、サイズ選びや足に合った木型に巡り合えた時にしか味わえない快感です。

是非、ほしいデザインに惑わされることなく、試着をたくさんして、ご自身の足に合った歩きやすい革靴を見つけてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

つかっていて心ときめくモノやワクワクするモノをお届けしています。ときめくモノで靴磨きを楽しむことで、一足でも多くの靴が長く履き続けられますように。インスタグラムでは、友人や同僚の靴を磨いたり、一緒に革靴で遊んでいる様子をたまにUPしています。

目次
閉じる