結婚式への革靴でUチップVチップはあり!?

LEATHER SHOES

結婚式誘われて準備するころに慌ててしまうことってありますよね。特にスーツやネクタイは結婚式用で保管していますが、革靴は普段も履いているためか、消耗もしますし。

そういえば、履いていくものあったかな…と

UチップやVチップを普段履いている方は、それでいいのかご不安かと思いますが、参列する結婚式の形式によっては、履くことを断念したほうがいい場合もあります

UチップやVチップの出来た起源もその理由にあるので、場合によっては代わりに何を選べばいいのか紹介もしていきます。

Uチップ・Vチップの革靴の利用可能シーン

カジュアルなデザインのU・Vチップは、パーティ形式のカジュアルな結婚式や二次会からのお招きが利用可能シーンとなります。

基本的には、ビジネスやカジュアルシーンでの利用を目的としたデザインの革靴のため、特に茶色はよりカジュアルなものとなりますので、普段プライべートで利用するに留めましょう!

他形式ばった冠婚葬祭へは履いていくと、気にする方は常識がないと判断してしまうこともあるので注意が必要です。

また、ビジネスでも面接などのシーンでは、あまり適さないため、控えたほうがいいでしょう。

UチップVチップの起源

狩猟用に開発されたといわれているUチップの革靴は、結婚式などのお祝いの席では命を奪うという意味で縁起が悪いとされています。

これからできること

参列する結婚式の形式毎に、当日までの革靴の準備を考えてみましょう!

参列する結婚式が、比較的カジュアルな場合

きれいにメンテナンスして準備しましょう!

近日中に結婚式や二次会を控えていると、無理に新しく準備した靴で失敗することもあります。特に二次会は立食になるケースも多く、慣れていない革靴は立っているのもつらいくらいなじむまで時間がかかることもありますよね。

きれいにお手入れしてあげることで、華やかになりますので是非検討してみてください。

形式的な披露宴への参列がある方

Uチップしか履いていける革靴がない方が、これから準備できることは、できるだけ足に合ったストレートチップ、プレーントゥの革靴を買うことです。

ストレートチップやプレーントゥは、内羽根と外羽根があり、外羽根のほうは羽が大きく開くデザイン形状のため脱ぎ履きしやすく、足に馴染む前も負担が軽くすみます。

お忙ぎの日程の場合

外羽根のプレーントゥをおすすめいたします。

外羽根のプレートゥは、履き口を大きく開け、脱ぎ履きがしやすい特徴で、さらにプレーントゥは、つま先も広めのものも多いため、比較的足馴染みの調整が効きます。

リーガルでは、たくさんの種類のプレーントゥを様々な価格帯で展開しているので、チェックしてみてください。

また、Amazonではいくつかのサイズを注文し、ほしいものだけ購入できるサービスもしています。こういった事態にピッタリのサービスですね!

日程に余裕がある場合

今後のことも考えて内羽根ストレートチップをご準備下さい!

長く利用できる革靴は、せっかくなので革底の交換できる製法を選びましょう!

グッドイヤーウェルト製法は、革靴の中でもポピュラーな製法ですし、価格の面デザインの面で選択肢が豊富です。

価格帯は、2万円~20万円とかなり幅がでますが、購入しやすい価格帯の代表でリーガルスコッチグレインのブランドをご紹介しておきます。

リーガル

日本を代表するブランド。

国内ブランドのため、サイズなど日本人に合った商品の展開が豊富で、価格帯も様々なため、自分に合ったものが見つかるでしょう!

スコッチグレイン

同じく日本のブランド。

歴史は浅めですが、革質に定評があり、日本のブランドらしく縫いの丁寧さなどファンの多いブランドです!品質にもこだわりたい方には、おすすめです。

価格帯も3万円程度からとなります。

最後に

状態のいい靴が、UチップやVチップしかないというときは、困ることが多いですね…

ストレートチップを1足常備しているだけで、様々な用途で失礼のない革靴選びをすることが出来ます。

普段のブラッシングさえできていれば、何年も持つ革靴をストレートチップで持っておくことですべての場面に対応できます。

高額な革靴を持つ必要はなく、ご紹介したようなちょっと頑張れば選べるものもありますので、是非製法を少しだけでも調べて、長くケアをしながら履ける革靴を準備できるといいですね!

タイトルとURLをコピーしました