夏でも革靴!ビジネスマン向けの快適性でおすすめの革靴

LEATHER SHOES

ビジネスからカジュアルまで大活躍の革靴は、夏は蒸れてしまうから…と避けたがる方も多いのでは。

素材・機能性を重視して選ぶことで夏でも快適に履ける革靴があります。

また、夏のシンプルなファッションにこそ革靴を合わせることで、快適にいつもと違ったファッションも楽しむことが出来ます。

夏におすすめの革靴の種類と、夏のビジネス向けのおすすめをご紹介します。

夏の革靴選びのポイント

夏の革靴の大敵は、蒸れです。

蒸れる革靴というのは、通気の悪いものです。

本来革靴というものは、通気性に富んだものになるよう、素材を厳選した作りとなっています。

合成皮革のような通気しにくく、汗も吸収しにくい素材の革靴は避けて快適な夏を実現しましょう。

トリコ
トリコ

革は本来の姿のままに近いほうが履き心地や通気性に優れているんだね。

夏に向いている素材選びから

革靴なのに素材の選び方?ってなりますよね。

本来、革には湿気を放出し調整する効果があります。その本来の革の特性を損ねてしまう革の加工や、製法があるのでできるだけ革の良い特性を生かした革靴をえらびましょう。

夏の革靴で避けるべき素材・製法

ガラスレザーやエナメルなどの表皮にコーティング加工のされた革靴は、発散性に劣ってしまうため、夏に向いていないと言えますね。 もちろん、合成皮革などは化学繊維や樹脂でできていますので、非常に蒸れやすいです。

何より見た目からも蒸れていそうな印象になってしまいますね。

また、セメント製法などの接着剤でソール(靴底)を付けている製法は、靴底からの汗の放出を妨げてしまいます。

トリコ
トリコ

接着剤を使っていると通気の妨げになってしまうんだな。

夏の革靴は断然本革!

本革の靴は、汗を吸って蒸発させる効果をもともと持っています。

また、マッケイ製法やグッドイヤーウェルと製法などの通気性や発散性を考慮している製法で出来た革靴は、一年中快適に履くことが出来ます。

トリコ
トリコ

マッケイ製法やグッドイヤーウェルト製法が、長きにわたってたくさんの本格革靴に使われているのも納得だね。

夏っぽい色選びも重要です

革靴も定番のブラックやブラウンだけでなく、様々なカラー展開をしていますね。夏に履く革靴は、明るめのブラウンなどを選ぶと見た目の印象が涼しげになり、おすすめです。

ブラック系やモノトーン系のファッションに合わせる際は、ネイビーのレザーなどもおすすめです。

スポンサーリンク

選ぶ革靴の種類

夏は断然スリッポンタイプがおすすめです。

起毛した革を選ばないように気を付けて、コインローファーやタッセルローファーなどのスリッポンタイプを選ぶことで、より大人なコーディネートになるでしょう。

夏の革靴 本格革靴のおすすめ

これまでの選び方を考慮して、本格革靴のおすすめをご紹介してきます。

製法は、グッドイヤーウェルト製法をメインに通気性に富んだ夏のファッションにピッタリの種類となります。

タッセルローファー

一番のおすすめは、タッセルローファーです。

夏のシンプルなシャツファッション、ジャケットファッションには、タッセル付きのローファーがよりファッション性を高めてくれます。

コインローファー

ローファーの王道コインローファーは、夏の代名詞ともいえる革靴ですね。夏に履いてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

本格的な革靴で、製法にもこだわって選べば、快適に長く履き続けられるのでとてもおすすめのデザインです。

夏の革靴 ビジネス向けのおすすめ

これまでご紹介してきました夏に向いている革靴の特長を考慮しても、やはりもっと蒸れに無縁な靴を履きたいという思いにもこたえてご紹介いたします。

レザースニーカーという選択

ビジネスにおいて、革靴は当たり前のように履かれていてスニーカーはありなのと思う方も多いのではないでしょうか。

正直、対面の商談やプレゼンがあり、靴を見られることが想定される際は、スニーカーはあまりお勧めできないですね。しかし、会社への通勤や、社内などではスーツに合わせてもおしゃれなスニーカーは、存在しますので、上手く使って夏の革靴の負担を軽くするために1足検討してもいいのではないでしょうか。

リーガルのエアローテーションシステムもおすすめ

REGAL AIR ROTATION SYSTEM by REGAL SHOES

靴内の通気を良くしてくれる機能が搭載されたソールを使って蒸れを軽減してくれます!

簡単に言うと換気扇のついた革靴といったところでしょうか。

歩くたびに、歩行時にできる通気の流れを利用して、換気してくれるんです!ビジネス向けのデザインの展開となっているので、夏の革靴が苦手というビジネスマンにおすすめです。

エアローテーションシステムのストレートチップ

それぞれ色の展開は、ブラックとブラウンの2色。

革質は、つやのある質感で本格的なお手入れは少ししにくいですが、グッドイヤーウェルト製法を採用した本格革靴となります。

エアローテーションシステムのプレーントゥ

比較的トゥの丸みが広いタイプで、プライベートにも履けるデザインとなっています。ストレートチップ同様に様々なシーンで利用可能なデザインとなりますので、1足持っていれば、とても重宝するデザインです。

エアローテーションシステムのウィングチップ

すでに定番のストレートチップやプレーントゥをお持ちで、夏に定期的に少しリラックスしたいという方におすすめです。

同じく、ブラックとブラウンの選択肢が用意されています。

さらに、外羽根タイプとなりますので、靴の脱ぎ履きも楽にできるデザインなのもおすすめポイントです。

夏の快適革靴の利用にあたっての大きなポイント

革靴は、履き終わったあとのケアが大切になります。特に夏に履く革靴は、たくさんの汗を吸ってくれているので、脱いだ後は、必ずシューツリーを挿入して保管しましょう!

シューツリーも様々な種類があり、サイズも合わせて選ぶ必要があります。

樹脂製のシューツリーは、安価で扱いやすい為使いやすいのですが、できれば木製のシューツリーで吸湿してくれるシューツリーを選んで使っていきましょう。

最後に

夏に革靴ってしんどいよね。って思っている方も多いのではないでしょうか。

色やデザインによっては見た目も涼しげで、製法や本革を上手く選ぶことで通気性にも富んだ革靴と出会うことが出来ますね。

でも、やっぱり革靴を何とか避けたいなという方は、夏の靴内をより快適にすることに特化した革靴も出ているので、是非チェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました