コスパ最高!グッドイヤー製法の革靴【モラルコード】

靴磨きに最低限必要なもの3点とミニマムなお手入れの仕方

靴磨きの道具もたくさんあって、本当に必要なものが何なのか。

最低限必要なものを知り、まずは手軽に初めて行きましょう!これからご紹介する最低限必要なものは、その後の靴磨きでも必ず使うものですので、できるだけ間違えのない、スターターキット以上の3点をご紹介いたします。

これから靴磨きを始める方には、お役に立てていただけます。

目次

最低限必要なもの3点

靴磨きに最低限必要なのは、万能布・靴クリーム・ブラシの3点です!

クロス【コットンの布】

コットン素材の布を用意してください。

意外といいのが、コットンTシャツの切れ端です!もちろん、ネル生地などの靴磨き用のクロスもあります。

何度かは洗って使えますが、基本的に使い捨てになりますのでTシャツはおすすめです。

また、専用のクロスは、細長く指に巻き付けやすい形状になっているので、手早く磨くことが出来ます。

汚れ落とし、クリームの塗布、磨き上げまで行う布になります。

【靴磨き用】布のおすすめと代用の万能布の作り方

靴クリーム

靴クリームは、磨いた後の仕上がりの好みによって選び方が変わりますが、ツヤを重視したい方は、油性クリームがおすすめです。

艶出しの靴クリームを選ぶ際に、ニュートラル(無色)のものを選んぶのもいいのですが、色付きのクリームは、色の剥げなどを目立たなくできるのでおすすめです。

[say]黒い靴がたくさんある方は、まずは黒の靴クリームを準備しましょう![/say]

油性クリーム

艶の出やすい、ろう成分が多めの硬さのあるクリームです。硬さの割に伸びやかでムラになりにくくおすすめです。

デリケートクリーム

また、ツヤを出したくない方は、デリケートクリームをご利用ください!

べたつきが少なくて、革靴の内部のお手入れなど様々な用途で活躍するクリームになりますので、古い靴を手入れするということでなければ、デリケートクリームもおすすめです。

デリケートクリームと靴クリームの違いは?
デリケートクリームの用途も解説

ブラシ

豚毛ブラシを準備しましょう。

クリームをなじませるために使いますので、コシのある豚毛ががおすすめ

豚毛ブラシは、クリームの色ごとに分けて使いますので、クリームの新色を使う際は一緒に準備しましょう。

ミニマムなスターターセットのおすすめ

ミニマムなセットもあります。これだけあれば日々のケアは、バッチリです!

サフィールのクリームがおすすめなので、そのセットがいいでしょう。

必要最低限な靴磨きの手順

汚れを落として、磨く。

このお手入れが、大切な革靴を長く履き続けることに大切です!

クリームのつけすぎや、クリームでのお手入れのやりすぎは注意しましょう。

靴磨きの頻度はどのくらいがいいの?
革靴のクリームでのお手入れとメンテナンスのタイミング

[timeline]
[tl label=’STEP.1′ title=’布に水を湿らせて汚れを拭き上げます’] 埃を取り払うことで、靴磨きの準備が整います。 [/tl]
[tl label=’STEP.2′ title=’クリームを靴に塗り込みます’] 準備した靴クリームを指で取って靴に塗り込んでいきます。利用目安は、 900平方cm (30cm×30cm) あたり1mlで十分です。
あまりベタベタつけずに、薄くすりこんでいくように塗布します。[/tl]
[tl label=’STEP.3′ title=’豚毛ブラシでブラッシングしてクリームをすりこみます’] 豚毛ブラシは腰のある毛のブラシなので、革に押し込むようにクリームを塗っていきます。
塗りすぎて余分なクリームがついている際は、布で磨きながら拭き取りましょう。[/tl]
[tl label=’FINISH’ title=’完了!’] [/tl][/timeline]

大切なもう1点!

シューツリー【シューキーパー】は、革靴にとって一番大切といって過言ではありません!

磨くにあたってシワを伸ばして行うことは、クリームを革に馴染ませるためにも必要ですし、何より一度履いた革靴を正常な形状に戻すのにとても大切なアイテムになります。

もし、靴磨きをこまめにしていても深いシワを放置してしまうと革のひびっ割れを起こすこともあります。

革のひび割れは、戻すことが出来ないためとても悲しい結末を迎えてしまします。

シューツリー【シューキーパー】の重要性と
革靴の型崩れ防止以外の理由

シューキーパー【シューツリー】

レッドシダーという香り高い樹種で、シューツリーでは多く利用されています。手ごろなお値段のものもありますので、お持ちでない方は是非 !

靴磨きに必要なものまとめ

革靴のお手入れに最低限必要なものをご紹介いたしました。

ブラシ、クロス、クリーム、そして、シューツリーがあれば、革靴のお手入れはすることが出来ます。

また、鏡面磨きをされたい場合は、ワックスも買い足していただければ、ピカピカの革靴となり、磨き終えた際の余韻に浸ることになるでしょう。

たくさんセットになっている、スターターセットは、中のブラシが小さかったり、余分なブラシや、クリームなどが入ってくるので、必要最低限からはじめたい方は、是非この4点をそろえてください。

クリームの塗りすぎと、お手入れの過剰な頻度は、逆に革を痛めてしまう恐れもあります。

適度なお手入れで、長く履けるようにお手入れしていきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

つかっていて心ときめくモノやワクワクするモノをお届けしています。ときめくモノで靴磨きを楽しむことで、一足でも多くの靴が長く履き続けられますように。インスタグラムでは、友人や同僚の靴を磨いたり、一緒に革靴で遊んでいる様子をたまにUPしています。

目次
閉じる