革靴は長持ちする!何年?1年?10年!?20年!?

SHOE CARE

革靴は、とても長持ちします。その長持ちは何年くらいでしょう。

きちんとしたお手入れをすることによって10年以上持つといわれています。

長年使い続けて愛着を持ちかけがえのないものにするのか、消耗品として履きつぶすのかどのようにして靴と付き合っていくのか考えてみてはいかがでしょうか。

革靴を長持ちさせて10年、20年と履き続けるために

革靴を10年以上履くために何も考えずに高いものを買えば履き続けられるということではありません。

必要なことがいくつかあるので整理してみましょう。

ソール(靴底)の交換できるものを選ぶ

革靴のソール(靴底)は、すり減ってしまうのが避けて通れません。

アッパーが定期的なお手入れが行き届いていても、ソールの交換ができない製品は底に穴が開いて使えなくなってします。

グッドイヤーウェルト製法などソール交換のできる製法で作られた革靴を選びましょう!

履く前にプレメンテナンスする

革靴は、新品の状態でそのまま履くと、革が乾燥したまま足を入れることになるため、足が痛くなりがちです。

さらに、乾燥し硬いままの革に無理な負荷を革靴にかけることにもなります。

初めて履く前にはデリケートクリームなどの革に柔軟性を与えるクリームを靴の内外にたっぷり塗布してメンテナンスしてあげることで、革靴の長持ちにもつながります。

スポンサーリンク

ローテーションを守る

靴を長持ちさせるためには、最低でも中2日できれば、中3日以上空けるのがいいとされています。

中3日で1年間で土日を除くと1足あたり62回履く計算になります。10年で620回と聞くとすごい数ですね。

しかし、この休みの中日があることで格段に長持ちへの効果が上がります。

トリコ
トリコ

確かにこう考えると毎日続けて履くことがどれだけ靴に負担をかけているかわかりますね!

週5日を3足の靴を交互に履いていく場合、各靴を5回履いた3週目の週末に乳化性クリームやデリケートクリームでお手入れを行うとちょうどいいペースになりますね。

同じように4足の場合は、4週目にお手入れするとちょうどよくなります。

日々の簡単な手入れを習慣にする

特に大切になってくるのは、普段のシューキーパーの挿入と、ブラッシングです!

埃がついたまま保管するとひび割れの原因ともなり、2度とひび割れは元に戻すことができません。

ひび割れの原因のほとんどは、シューキーパーを入れず、しわがどんどん深くなっていき、ブラッシングで埃を落としていない日常の簡単なお手入れが原因です。

定期的にお手入れをする

革は、水分と油分が必要です。

帰宅時には、ブラッシングで埃を落とし、5回程度履いたらクリームを塗ってふき取ってブラッシングを行うといいでしょう。

クリームを定期的に塗ることで、抜けてしまった水分と油分を補給し、革に柔軟性を与えます。

時には修理も検討する

ローテーションして履いていても、消耗するパーツはどうしても出てきますね。

特に負荷のかかりやすい、ソール(靴底)やかかと部分は、定期的な修理をすることで快適さも長持ちします。

また、極度な消耗は、靴への致命傷となるだけでなく、自身の足への負担へもつながりますので、普段のケアの際に点検してあげましょうね!

革靴を長持ちさせることなく履きつぶしている現実

購入頻度で多いのが、「1年に1足」で33.9%。「半年に1足」は27.1%と約6割以上の人が半年から1年につき1足の革靴を買っていることになります。

ここから、1年に一回は購入しいわゆる履きつぶしている現実がうかがえます。

参考資料:経済産業省「経済産業省 足入れの良い革靴の靴型に係る設計ガイドライン」平成24年より

トリコ
トリコ

半年1足って…

靴磨きを日課にしている方とっては、驚きの事実ですね…

革靴と10年、20年と長く付き合うために足に合う革靴を

日本皮革産業連合会の調査結果によると200以上のサイズが本来必要なところ36サイズで賄っているということがわかります。

およそ80%をカバーしていますが、それ以外のサイズは、作られていないのが現状です。

日本皮革産業連合会の調査結果はこちらhttps://www.jlia.or.jp/library/member/foot/foot_sizes2009.pdf

革靴選びのサイズ合わせはわがままに

靴のサイズが、合わない人が出てしまうのは当然ですね。

靴を生産する企業は、需要の少ない製品は作れませんから…

しかし、指が当たるからと言って単純にサイズUPする選び方でいいのでしょうか。

  • 中敷きやパットでの調整
  • 革を伸ばすストレッチャーでの調整

購入時に店員の方に単純なサイズUPでなく他にいい方法がないか相談してみるといいでしょう。

その悩みに合った中敷きやパットなどの紹介をしてもらうのも長く革靴と付き合ううえで大切な準備です。

履き心地は、製法(靴の作り方)によっても違いがある

それぞれの製法は、歩いた時に履き心地よくソールが屈曲するように丈夫で長く持つように考え抜かれています。

生産性を優先したりと、革靴に対しての考え方によって製法が異なります。

検討する際は、何を重視して作られた製法なのか特性を理解するとより愛着が沸き、自分の好みの履き心地にも出会えると思います。

特に、『グッドイヤーウェルテッド製法』や『マッケイ製法』などは、履き心地・メンテナンス性・生産性を重視して考えられており、長く10年、20年と履き続けるためにはおすすめの製法となります。

まとめ

半年から1年で革靴を履きつぶす生活をやめて、是非愛着を持って革靴と付き合っていきたいですね。

日々のちょっとした気づかいで10年以上も付き合っていけるものって素敵じゃないですか。

毎日ブラッシングしてあげるだけで長い付き合いをして行ける履き心地のいい靴に出会えるよう探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました