コスパ最高!グッドイヤーウェルト製法 MORALCODEの革靴

【2021年最新版】革靴やブーツのカビ落とし方と簡単予防対策について

久々に履こうとしたら、カビが…

キレイに除去して、カビが生えない簡単予防が出来れば、安心して履き続けることが出来ますね。原因を理解し、保管方法についてご紹介いたします。

革靴にカビが生える原因

革靴やブーツの革自体が養分となって、カビは繁殖してしまいます。また、革靴は、足の汗を吸ったり、ケアでクリームを使った保湿をするため、カビにとって繁殖しやすい環境が整います。

革靴やブーツにカビが生えやすいのは、この条件の整っていることが原因です。

革靴のカビの取り方

カビの取り方と、簡単な予防対策についてご紹介早速やってみましょう!

【革靴の中のカビ】内側や中敷きのカビの取り方ほこちら

準備するもの
  • 布 3枚
  • ビニール袋
  • 皮革用除菌スプレー
  • シューキーパー
  • デリケートクリーム
  • 皮革用防水スプレー

カビの取り方

手順1
まずは空拭き
表面についたカビを拭き取ります。少し力を入れて表面のカビを拭き取ります。ビニール袋を準備して、拭き取った布ごと入れておきます。周りにカビを付けないように気を付けて
手順2
皮革用除菌スプレーを吹き付けた布で拭く
新しい布に除菌スプレーを吹き付け、拭きて除菌しましょう。直接吹き付けることはしません。
手順3
シューキーパーを入れ、風通しにいい場所で陰干し
無理に乾かすことは避けます。革にダメージが出てしまいます。
手順4
通常のお手入れ
日々のお手入れを行います。デリケートクリームを新しい布で塗っていきます。乾燥後の適度な保湿は、革靴にとって必要です。
手順5
皮革用防水スプレーを振りかける
カビの予防対策に有効です。簡単予防に取りいれましょう。

カビ取りの予防、除菌に

カビを取る際も、その後の除菌にも効果的な皮革用の除菌スプレー

他種類の皮革のカビ取り

牛革以外の革靴や、色味の繊細な革靴のカビ取りは、シミや革のダメージを考慮して、靴のクリーニングに出しましょう。

また、皮革用除菌剤で取り切れない場合も、クリーニングがおすすめです。

靴の宅配クリーニング[くつのリネット]

靴クリーニング・丸洗いの全国宅配[くつリネット]

大切な革靴やブーツは、プロに任せることも検討しましょう!
また、くつリネットでは、年間35000足以上の靴のクリーニング実績で大切な靴を安心して任せることが出来ます。

預かり直後に靴の診断をし、写真で記録。安心して任せられる仕組みで丁寧にクリーニングしてくれます。

注文後、ご指定の日時に
\クロネコヤマトが自宅に取りに来てくれます!/
くつのクリーニングなら[くつリネット]

【革靴のカビ】簡単!予防対策

カビの予防には、靴そのものだけでなく、保管する環境を整える必要があります。通気のいい場所を作って保管してあげましょう。

[カビ予防1]革靴を汚れたままにしない

履いた後は、ブラッシングをして、革についた埃を取り除きます。特に、長期間履く機会がない場合は、お手入れをして保管します。

[カビ予防2]シューキーパーを入れておく

シューキーパーを挿入し、シワを伸ばし、形を整えて保管します。シューキーパーでシワを伸ばすことで、空気に触れる面積を大いに増やしてくれ、シワが深いままにならず、ひび割れも防いでくれます。

ひび割れの対処方法はこちら

[カビ予防3]すぐシューズボックスに入れない

履いた後の革靴は、足の汗を大量に吸っています。自然乾燥を促すためにも、一日、置いてから仕舞いましょう。

特に濡れてしまった場合は、新聞紙などを入れ、水分を早めに吸収します。

[カビ予防4]定期的に風通しのいい場所に移す

長期的に保管する場合は、定期的に扉を開けたり、シューズボックスの外へ出したりします。

靴の詰め込み過ぎも、通気が悪くなるため避けなければなりません。

すのこなどを利用して、保管するのも効果的です。