コスパ最高!グッドイヤー製法の革靴【モラルコード】

革靴の内側もお手入れ!かかとの擦れも補修

プロに習った靴内部のクリーニング方法を習得し、さらに快適に履いていけるようケアしていきましょう!

また、きれいにする際に、内部の擦れもよくあるかかと部分で補修方法をご紹介します。

そこまで頻度は必要のないお手入れですが、年に一度程度は行いましょう。

目次

靴の内側をお手入れ

あまり放置しすぎると、靴下の繊維が埃となり溜まったり、その埃が内側の革の油分がなくなって、カサカサになってしてしまうこともあります。

よく見てあげましょう!

体質次第ではこのようなことも起こってしまいます。

定期的に、革靴の中もきれいに保って、いつでもスッと足入れが出来る気持ちのいい状態にしたいですね。

準備するもの

  1. アルコールの入った霧吹き
    ドラッグストアなどで消毒用エタノールを購入しましょう。
  2. アルコールに浸したコットン
    ウェットティッシュで代用できます
  3. コットンを巻く付ける割りばしなどの棒

お手入れの手順

埃は、外部だけでなく内部にもたくさん潜んでいます。

靴磨きのをする前に内部の清掃も行い、各パーツの見えない部分のつなぎ目などしっかりとクリーニング行うことで、より長持ちで快適な履き心地に近づきます!

[timeline]

[tl label=’手順1′ title=’シューレースをほどき、インソール全体にアルコールを霧吹きで吹きかけます。’][/tl]

[tl label=’手順2′ title=’埃がたまりやすい部分のお掃除’] 羽の裏やライニングとインソールの付け根など埃がたまりやすい部分をアルコールを浸したコットン(ウェットティッシュで代用可)で拭き取ります。[/tl]

[tl label=’手順3′ title=’トゥ(つま先)の内部やインソールの隙間を2.の手順で拭いて埃を取り除きます。’] [/tl]

[tl label=’手順4′ title=’手持ちのローションやデリケートクリームで内側の革に潤いを補給’] ※内側の素材が本革の場合 [/tl]

[tl label=’手順5 title=’シューツリーを挿入して直射日光を避けた風通しの良い場所に保管’] [/tl]

[tl label=’FINISH’ title=’完了!’] [/tl]

[/timeline]

内部のお手入れが終わったら、アッパーのお手入れに入りましょう。

革靴のかかとの内側が擦れていたら

かかとの内側が擦れてしまっているということは、サイズがあっていない可能性もありますので、サイズを確認しあっているものに変えましょう。

革靴を酷使して履いている場合も、擦れてしまいますね。

擦れてしまった内側の革は、破れてしまう前に修理に出すか、自分で応急処置をして履くことになります。

修理前の応急処置についてご紹介いたします。

かかと補修キットで処置

両面テープのシートタイプなので、簡単に貼ることが出来ます。

貼ってからのカットだと、非常に切りずらいので、シートを切る前に、紙をかかと部分にあてがって、印をつけて型紙を作って行ったほうが、シートのカット部分がガタガタにならなくて済みます。

靴の修理屋さんでは、あて革の修理で3000円程度でできるところもありますので、時間に余裕がある際は、プロに任せた方がキレイに長く使うことができます。

あくまでも、応急処置程度でとらえましょう。

最後に

とても簡単な作業で、準備するものの軽微なものだったかと思います。

簡単な作業ではありますが、靴磨きの工程の中でも埃や汚れを落とす作業は、とても大切な作業となります。内部も革でできていることが多く、その汚れにより水分と油分が失われてしまうことは、アッパーなどと同じです。

それが原因で内部の革が切れたり、乾燥しすぎて擦れてしまっては履き心地にも影響しますし、何よりダメージを負わせることになってしまいます。

また、においを軽減したりととてもいいことが多いので、是非、定期的なお手入れに取り入れてみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

つかっていて心ときめくモノやワクワクするモノをお届けしています。ときめくモノで靴磨きを楽しむことで、一足でも多くの靴が長く履き続けられますように。インスタグラムでは、友人や同僚の靴を磨いたり、一緒に革靴で遊んでいる様子をたまにUPしています。

目次
閉じる