グッドイヤーウェルト製法の革靴が驚異の2万円台!モラルコードの革靴|プレミアムレザーのビジネスカジュアルのバッグも人気★

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)インペリアルⅢ購入レビュー

スコッチグレインの中でも上位クラスということで、実際どんな特徴があり、どんな経年変化をしてくれるのか、スコッチグレイン靴は、ガレージセールや、アウトレット店舗、スタンダードモデルとすでに試されて、好きなブランドになっている方もいらっしゃると思います。

同じスコッチグレインの革靴でもこんなところが違う、メリットやデメリットが知りたいという方にお役に立てるかと思います。

また、アシュランス、オデッサ、アウトレット、ガレージセールとスコッチグレインを気に入って履いてきて、やはり履かなければ知る事が出来なかったことについてもご紹介致します。

目次

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)
インペリアルⅢ購入レビューインペリアルⅢセミブローグ960MBR購入レビュー

インペリアルⅢは、スコッチグレインの中の『EXECUTIVE GRADE』になります。

インペリアルⅢ960MBR購入経緯

単純にこれまでは、価格にビビッてじっくり検討したことが無かったので、これまでアウトレットをはじめ、ガレージセール、オデッサなどインペリアルグレード以外のスコッチ製品を通して信頼が増し、履いてみたいと思えるようになったため、購入に至りました。

また、ミディアムブラウンの革靴が欲しくてどれにしようか悩んでいたので、革質が良く、エイジングも長きに渡って楽しめるこのインペリアルⅢにしました。

購入時は、最高級グレードの革でありながら、シューバックもシューツリーもついてきて、さらにメンバーは、10%OFFというタイミングでこの憧れの黒い箱に手をかけたということになります。

インペリアルⅢエイジング記録

インペリアルⅢ製品について

【カラー】ミディアムブラウン
【サイズ】23.5cm~27.0cm
【ウィズ】EEE
【デザイン】セミブローグ
【製法】グッドイヤーウェルト製法
【甲革】フランス・アノネイ社・エクストラベガノカーフ
【表底】トップゴムレザーソール
【付属品】木製シューキーパー・シューズバッグ
【同一木型】インペリアルII(EEE)、アシュランス他
【価格】50,000円(税抜)
さらに、直営店限定モデル。

縫いの状況や、革質(写真では伝わりにくいですが)、履き心地について紹介いたします。

インペリアルⅢの位置付け

参照:https://scotchgrain.co.jp/
スクロールできます
EXECUTIVE GRADE価格アッパー素材
インペリアルフランス・88,000円(税込)
・110,000円(税込)
デュプイ ニューヴィンテージカーフ(フランス)
インペリアルプレスティージ ・66,000円(税込)アノネイ アルリー(フランス)
インペリアルII・55,000円(税込)ヨーロピアンエクストラボックス (ヨーロッパ)
インペリアルIII・55,000円(税込)ブラック/ヨーロピアンエクストラボックス(ヨーロッパ)
その他のカラー/アノネイ ベガノカーフ(フランス)
インペリアルブラック・55,000円(税込)ヨーロピアンエクストラボックス (ヨーロッパ)
インペリアルブラックII ・55,000円(税込)ノーブルカーフ(ヨーロッパ)
EXECUTIVE GRADE
スクロールできます
STANDARD GRADE価格 アッパー素材
モデナ・49,500円(税込)ゾンタ ミュージアムカーフ (イタリア)
オデッサ・46,200円(税込)ブラック/ヨーロピアンボックス(ヨーロッパ)
その他のカラー/アノネイ ベガノカーフ(フランス)
オデッサⅡ・46,200円(税込)ヨーロピアンボックス (ヨーロッパ)
STANDARD GRADE

インぺリアルⅢの縫いの精密さ

これについては、好みもあるかと思いますが、日本製品の好きな理由でもあります。

もちろん、縫いの荒々しさも武骨でカッコイイと捉えることもできますが、やはりこれぐらいの制度で仕上げてくれると気持ちがいいものです。

キャップ部分

もう少し拡大してみます。

ホント改めて見ると寸分の狂いもないですね。

インペリアルⅢの革質

フランス・アノネイ社・エクストラベガノカーフということで、同ブランドのアノネイ社製中でもより良質な部分を使って製造されている革を使っています。

他シリーズに比べて、キメの細かい革質で、マーク等も特にないとってもきれいな仕上がりです。ミディアムブラウンは、そのきめ細かさ故のエイジングが、最も楽しめる色味だと思います。

インペリアルⅢの履き心地について

内部はパンチングレザーで通気性もいい

購入の決め手は、履き心地でした。

試着し、気に入ることが出来たら購入しようと決めて店舗に行き、試着をさせていただだきました。

試着までは、だいぶ時間がかった記憶があります。何度も革の色味、質感を確認してみていましたが、ほしくてたまらないまではいきませんでした。

色味の展開や他商品の説明を聞きようやく試し履きをすることになります。

試着すると、これまで履いていたスコッチ製品も満足していたのですが、これまでのものとは、比べ物にならないくらい自分には吸い付くような履き心地に感じました。

履いたことのあるアシュランスとは同じ木型なので、気持ちの持ちようという事なのかな…

スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)
インペリアルⅢと生涯付き合えるように

ビジネス用にストレートチップ、プレーントゥとスコッチグレイン製品を履き続けていますが、このインペリアルⅢについては、カジュアルにも履きこんで、手入れして長く使っていこうと思います。

何より、足に合うことが1番の決め手。キメの細かい革質で、磨きこむのが楽しいこと。

さらに、色もミディアムブラウンで、モルトドレッシングも楽しめるということで、本当にいろいろな表情を見せてくれると確信しています。

エイジングの記録も含めて、また定期的にお知らせしたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

靴磨きを趣味に10年が経ちました。
国内ブランドを中心に長く大切に履ける革靴を毎日かわいがっています。この趣味を充実させるためにケアアイテムもご紹介しながら楽しんでいますので、これから靴磨きを始められる方にお役に経てていただけるように発信していきます。

目次
閉じる