グッドイヤーウェルト製法の革靴が驚異の2万円台!モラルコードの革靴|プレミアムレザーのビジネスカジュアルのバッグも人気★

革靴のカビ取り家にあるもので落とすたった一つの方法!捨てる前にできること

少しほっておいたら革靴にカビが生えてしまい、「必要な時に限って」と困ってしまうことがあります。

明日履きたいのに…
今から履こうと思っていたのに…

家にあるもので、カビを取り除いて、すぐに履ける方法があれば、便利ですよね。カビの生えるメカニズムも理解しつつ、手軽にカビを落とす唯一の方法をご紹介いたします。

また、一度生えてしまったカビの革靴をその後捨ててしまう前に蘇らせることも検討してから、処分するか検討できれば後悔をすることがなくなるでしょう。

目次

家にあるものでカビを取る唯一の方法

カビは、アルコールや抗菌剤で死滅させることが出来ます。
間違っても、水でに濡らしたり、濡れた布巾で拭いたりしないように。

家にあるものでその成分が、入っているものは「トイレ除菌シート」

シート状になっている上、厚めのシートになっていることが多く、とても革靴のカビ取りには、適したものになっています。

除菌シートで表面(アッパー)を拭き上げた後は、内部も拭き取りその後は、日陰の風通しのいい場所に干します。

手順

STEP
トイレ除菌シートで表面のカビを拭き取る

革靴の表面(アッパー部分)を満遍なく拭き上げます。

STEP
革靴内部のカビを拭き取る

革靴内部のカビを拭き取る際は、割りばしの先に除菌シートを巻き付けて、拭くとやりやすくなります。

STEP
日陰の風通しのいい場所へ干す

理想は2日ほど乾かします。
完全に乾けば履いても大丈夫ですが、革靴のお手入れをしてあげることで、これまで放置していた分栄養補給もできます。

注意点は、カビキラーやアルコールのスプレーは革靴をそもそも痛めてしまうため、利用を控えましょう。

重曹があればさらに効果的

重曹を布につけて拭くことも効果的です。

家にあれば、除菌シートで拭く前に重曹で拭きそのあとに、上記の手順を行います。

カビの生えた革靴を捨てる前に

カビが生えてしまっても革靴は、再生することが出来ます。
家にあるものでも拭き取り、カビの除去が出来た後は、ケアを定期的に行い、カビの生えにくい環境で保管しましょう。自分では手に負えない、カビの生えてしまった革靴でも、プロに任せることでも再生させることもできます。

保管も行ってくれるリネットでは、熟練の職人さんが管理して行ってくれます。

また、発送に手間がかからず人気の宅配クリーニング専門店となっているので、いつでも手軽に宅配業者が取りに来てくれ、安心して任せることが出来ます。

靴の宅配クリーニング[くつのリネット]

靴クリーニング・丸洗いの全国宅配[くつリネット]

大切な革靴やブーツは、プロに任せることも検討しましょう!
また、くつリネットでは、年間35000足以上の靴のクリーニング実績で大切な靴を安心して任せることが出来ます。

預かり直後に靴の診断をし、写真で記録。安心して任せられる仕組みで丁寧にクリーニングしてくれます。

\革靴にカビでもあきらめない!/

まとめ:革靴のカビは、除菌シートで取り除くことが出来る

アルコールに弱いカビには、除菌シートが効果的。
直接アルコールを吹きかけることは、革に染みを付けてしまうリスクも伴いますが、シートであれば安心して利用することが出来ますね。

また、重曹が家にある場合は、重曹も併用することで、さらにカビの除去を確実なものにします。

それでもカビの被害がひどく捨てることを検討してしまう状況になってしまった場合、捨てる前にアッパーの痛みを確認して、革自体のダメージが少なければ、プロにお願いすることも検討した上で、処分するか検討。

革靴は本来お手入れをしっかりしていけば、十年以上も使うことが出来るので、より愛着のある革靴へ変化してきます。

\革靴にカビでもあきらめない!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

靴磨きを趣味に10年が経ちました。
国内ブランドを中心に長く大切に履ける革靴を毎日かわいがっています。この趣味を充実させるためにケアアイテムもご紹介しながら楽しんでいますので、これから靴磨きを始められる方にお役に経てていただけるように発信していきます。

目次
閉じる