モト【MOTO】のヒストリーとおすすめデザイン

LEATHER SHOES

靴磨き好きの革靴を育てる考えや経年変化を楽しむにぴったりの靴がそろう知る人ぞ知る人気ブランドMOTO 革財布も人気です。

ブランドヒストリー

日本人創業者のブランドなんて成り立ちも気になって仕方ないですよね。きっと知ることでさらに思い入れの深いものになると思います。

創業

1971年にレザーアーティストとして日本で初めての県無形文化財保持者の本池秀夫氏により創業

オーダーメイド中心のレザーアイテムを展開 LEATHERARTS & CRAFTS MOTO を設立

本池秀夫氏 は、ヨーロッパンの旅に出掛けた後、師匠も持たずに作品を生み出す道具つくりから始めていきます。

時を経て、1997年レザーアーティスト本池秀夫を父に持つ、息子兄弟によってLEATHER & SILVER MOTOが始まります。

幼い頃から革に慣れ親しんで育った 彼らは、革細工に加え、彫金技術を活かし、さらに彫刻を学んだ経験を活かし、現代に製品を通して、伝統と革新をテーマに発信しています。

40周年を迎えた2011年にプロジェクト「MOTOR」を始め、ルーツを継承しながらアンティークの世界観・趣味のモーターサイクルカルチャー・物作りに影響を受けたミリタリーやネイティブアメリカンなどをテーマにブランドを拡大しています。

人気の所以

ファンの心をつかんでいるのは、50年という歴史と技術・アートをかけわせた温かみのあるデザインと製品を永く使うことでの経年を楽しむ愛着ではないでしょうか。

また、直営店による無料のアフターサポートも充実しており、これもまた永く付き合うには重要なポイントになっているようです。

そんな製品の特長から、レザー小物・財布などはプレゼントなどでも利用されていることも多く、女性にも人気があり、男女問わず贈ることができるということのようです。

ここでは、特におすすめの革靴に触れますが、展開している革靴商品にはコードバンの商品も多数あります。経年変化を楽しむためには、一度は検討したい素材とも思います。

他のデザインの経年変化の様子はこちら

そんな素材を使った製品がたくさん存在するのでぜひそこは見てもらいたいですね。

モト【MOTO】革靴のおすすめデザイン

通常コードバンは馬革の最も丈夫なお尻の部分をグレージングという加工をして作られますが、この作業でつやを出すのではなく、あえてこの作業を省き、素上げのままオイルの調整を行い製品化しています。

雰囲気も良く、マットな質感に仕上がり、これまでにない 手染めのコードバンという点もおすすめですね。

自分でメンテナンスによってツヤを上げるマも楽しみですし、マットな質感をキープしながら、じっくり自分あった1足に育てていくのも良いと思います。

また、 一般的にコードバンは、デリケートで扱いにくいともいわれていますが、MOTOのコードバンは、 比較的扱いやすいと評判です。

50年の歴史を持った老舗革工房が創りだす芸術品 【moto (モト)】

スポンサーリンク

プレーントゥ コードバン

アンチグレージングレザーを採用し、新品時にはマットな仕上がりですが、乳化性クリームやワックスを利用することで、独特のつや感を出すことができます。

プレーントゥは休日履きだけでなく、仕事履き用としても利用していただけます。

CORDOVAN PLAIN TOE OXFORD SHOES #2100

コインローファー コードバン

オーセンティックなデザインのコインローファーで、染色を丁寧にハケで一点一点丁行っているハンドダイ仕上げで本格的な着こなしにも最適です。

CORDOVAN COIN LOAFER #2501

チャッカ ブーツ クロームエクセル

グッドイヤー製法のなかでも、履きやすさと軽快さにの追及されたモデルです。シンプルで歴史のあるデザインのため、王道のカッコよさが特徴です。

CORDOVAN LONG CHUKKA BOOTS #1403
タイトルとURLをコピーしました