ソファのポケットコイルのデメリットとメリット、ウレタン構造との違い

LEATHER ITEM

ポケットコイルソファはとても座り心地のいい種類のソファですね。

唯一のデメリットは、将来的に部分的なへたりが出てしまうことですが、ほかの構造と比べてどうなのか気になるところかと思います。

より快適な生活にするために必要なソファ長く付き合っていくために、内部構造を理解し、製品の検討をしましょう。

ソファの内部構造については、こちらを参考に

ポケットコイルのデメリット

出典:amazon.co.jp

1.将来的に部分的なへたりにつながる

ポケットコイル構造は、 一つ一つのコイル(バネ状のもの)が袋に入って独立しています。そのため他のバネ構造などのように連結して体重の分散をしないため同じ場所に長期的に座ってしまうと将来的には、部分的なへたりにつながります。

2.座面クッションの重さが出るためクッションのメンテナンスが大変

座面クッションに内部にたくさんの鋼製のコイルが内蔵されるため重さが出ますので、大きいシートの場合は、重さが出るため手入れする際に持ち上げに力が必要です。 商業施設や屋外など、メンテナンスが日常的に必要な場所や不特定多数の人が利用するな所では避けた方が。

スポンサーリンク

3.コイルの厚み分クッションの厚みが必要でデザインの制約がある

ポケットコイルは、座面クッションの厚みが必要で、バネあたりも考慮するとそれを包んでいるウレタンも厚くなります。

ソファのデザイン上大きな制約となりませんが、カジュアルなシートの薄めのデザインには向いていません。

ウレタン構造との違い

ウレタン構造は、座面クッションがウレタンのみで形成されており、安価な構造となります。そのため、体重を支えるものが反発の低いものだけでの形成となるので、へたりが早くカバーなどに早期にしわの寄りやすいものとなります。

ただし、体にあたったソフト感と形成時の発砲密度によって体あたりの硬さや柔らかさに左右する素材のためソファの形成にとってなくてはならないものとなります。

ポケットコイル構造は、ウレタンの内部にそのコイルが無数に備えられている構造となります。

ソファの内部構造については、こちらを参考に

ポケットコイルのメリット

1.フィット感に長けている。

ポケットコイルは、点で支えるとても人間の体にフィット感を与える構造です。

座り心地で選ぶならポケットコイルをおすすめします。

2.振動が伝わりにくい。

二人以上で利用する想定で検討する場合は、隣への振動も軽減してくれる構造ですので、ゆったりとした利用をする場所への設置にとても重宝するでしょう。

まとめ

自宅のリビングでくつろぐならポケットコイル構造がおすすめです。ウレタンとの相性もあるため、座り心地や硬さの確認は必要ですね。

デメリットについては、ソファという特性上同じ姿勢で毎日同じ場所にということは想定されにくく、特に気にする必要のない事項かと思います。

デザイン面でもゆったり過ごす目的のソファには大きな問題はなさそうですね。

ポケットコイルソファのコスパ最強売れ筋商品はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました