ソファのおすすめお手入れについて【初期対策が重要です】

LEATHER ITEM

ソファのような大きなものはそのまま洗濯というわけにはいきませんね。たとえカバータイプだったとしても、表示を確認してクリーニングとなるととても重労働になります。せっかくおしゃれなソファを使うのだから、日々のお手入れもできるだけ簡単に満足できるよう初期のプロテクションをすることをおすすめします。

男の一人暮らしおしゃれなソファを保つため<初期対策の重要性>

お車を購入時にガラスコーティングを進められたり、初期のメンテナンスはその後の製品の維持に大きな効果をもたらします。

私は、靴を購入したらすぐにプロテクションを利用します。皆さんの中にも多いのではないでしょうか。選ぶ際に長く使うことを想定しているものは、必ずコーティングしてあげることをおすすめします。

ファブリックのお手入れ

中材の種類にもよりますが、初期対策と日々の整え方で耐久性が格段に上がります。

購入初期

購入後すぐにプロテクションスプレーを使い、保護しましょう。特に肌の触れる部分には、入念にします。

プロテクションには、市販のものがいくつかありますが、信頼のおける製品をお選びいただくことをおすすめいたします。

シミになりやすいものなど、新品に合わないものを使ってしまっては返品がききませんのでご注意ください。

日々のお手入れ

クッションタイプであれば、本体から外して定期的に中の寄れを整える習慣をつけましょう。

中材が寄れたまま空気が抜けて何度も同じ場所に負荷をかけ続けるとそこがへたってきます。

レザーのお手入れ

レザーは本革と人工皮革(フェイク)とありますが、本革はより入念に初期メンテナスすることで、耐久性や日々の手入れの軽減が見込めます。

購入初期

レザーにおいても同様で、購入後すぐにプロテクションクリームを使い、保護しましょう。

レザーは、高級になればなるほど革本来の姿を生かし毛穴がそのままになっているものが多く、その毛穴に人の皮脂や汗が入り込むと手に負えなくなります。

歴史のあるメーカーの製品をお選びいただくことをおすすめいたします。

日々のお手入れ

汚れが付いたらすぐにクリーナーで部分的に手入れしましょう。

クリーナーで吹き上げた後は、プロテクションクリームを再度ぬってその後の保護も忘れずにおこなうことをおすすめします。

ファブリック同様クッションのよれは定期的に直します。

まとめ

おしゃれなソファを選んで購入したら、一緒にプロテクションとクリーナーを購入し、日々のお手入れを簡単にして快適なソファライフを送りましょう。

おすすめのプロテクションとクリーナーをご紹介しますので、ご参考にしてくだい。

タイトルとURLをコピーしました