メンズスキンケアにも効果的!家でできるかんたんストレッチ

SKIN CARE

毎日の習慣にするのは、何をするのも慣れるまでは大変ですね…

しかし、即効性のあるものには、本質的な改善や効果を期待できるものは、ほとんどなく、特に体質の改善や、肌の調子は、毎日の積み重ねが大切ですね。

そう考えると、出来るだけ習慣化しやすい家で行える隙間時間でのストレッチは、人生にとってとても大切なことになりえますよね。

ご紹介しますストレッチ方法は、家のソファでテレビを観ながら、寝る前にかんたんに座ってできる事を前提としていますので、仕組みから理解してぜひ実践してみてください。

顔に近い肩と胸のストレッチを行うことで、きっと肌の調子も少しづつ整う手助けとなるでしょう!

家でできる肩のストレッチ

肩こりは、「筋肉の緊張」と「血流の悪化」が肩周りで起こっている証拠で、血行が悪くなり、顔色が悪くなったりする原因にもなりえます。

十分な血行を促して、健康な肌に保つようにしたいですね!

肩関節の仕組み

肩と言っても肩単体で動いているわけではなく、肩甲骨ともとても密接な関係をしています。

肩関節は上腕骨・肩甲骨・鎖骨から成り立っている関節です。

身体の中でも関節自体の可動域は広いため、どこか1つの動きがかたくなれば姿勢が崩れて悪循環に影響をして、肩コリや四十肩などの原因を作ってしまいます。

肩周りに効果的なストレッチ

軽く動かしますのでまわりに注意をして行ってみてください!

座りながらできる肩ストレッチ

肩の代表的な筋肉は僧帽筋という首から肩、さらに背中へと繋がっている大きな筋肉があり、肩をすくめたり、デスクワークなど同じ姿勢をしている事でこの僧帽筋にもとても負荷がかかっています。

この僧帽筋をほぐすことで効果的なストレッチなります。

僧帽筋のストレッチ

イスに座った状態で片手をお尻に踏み、肩の位置を固定させてから、空いているもう片方の手で反対側の側頭部を倒して、気持ちよく首の側面をゆっくり伸ばしていきます。

慣れてきたら横から斜め前に角度をずらして気持ちいいところで15秒ほどキープします。反対も同様に伸ばしてくださいね。

このストレッチは首や肩にコリを感じている方にとてもオススメです。

場所を選ばないので家でも職場でも簡単にできるストレッチではないでしょうか。

肩関節のストレッチ

背泳ぎをするように片手ずつ腕を後ろ回しをします。

この時のポイントは肩や腕を回すというよりは、「肩甲骨」や「鎖骨」を意識して回すということが大きなポイントです。

肩は肩甲骨と鎖骨と連動して動いていますので、肩甲骨や鎖骨が一緒になって動いているかを1つ1つ確認しながら大きく回すとより、より効果的なストレッチになります。

各10回ずつを目安に行ってみましょう。

もし肩を上にあげると痛みがでる方は無理に行わないようにしてください。

そして家で行う方はまわりの物に気をつけてくださいね。

家でできる胸のストレッチ

顔に近い部分のストレッチで見落としがちなのが、胸のストレッチ。

肩を回したり、首を回したり普段からしている方は、この胸のストレッチも是非メニューに加えてみてください。

大胸筋の仕組み

上半身の中で特に大きな筋肉の大胸筋。

大胸筋は胸の真ん中にある胸骨という硬い骨と鎖骨から筋肉が始まり、上腕骨まで来ている筋肉です。

最終的に上腕骨に筋肉が付いているので、ある程度腕をあげないとストレッチしにくい部分でもあります。

そして大きな筋肉なので色んな角度をつけて伸ばしてあげる事で、姿勢の改善や血行の促進にも効果が期待でます。

胸周りに効果的なストレッチ

座ってできるものと寝る前に横になりながら行うものでご紹介していきます。

座りながらできる胸ストレッチ

深くソファに腰掛けた状態で頭の後ろで手を組みます。そのまま頭の重さを利用して後ろにもたれかかるように倒れていきます。

目線は天井を見上げ、胸や脇あたりにじんわり伸びを感じることが出来ればこの状態で15秒ほどキープします。

ポイントは背中を自ら後ろに反らす訳ではなく、そのまま頭の重さで自然と後ろに倒れていくイメージです。

無理に伸ばさず自然な呼吸と共に行ってみてくださいね。

寝ながらできる胸ストレッチ

横向きになって寝転がります。

腕は真っ直ぐな状態で体側からスタートして空中で円を描くように、まずは身体の前方に腕を滑らせ頭上へと回し、背中側を通って体側へと戻っていきます。

指先で大きな円を描くイメージで行っていきますが、背中側が特に胸が伸びるポイントになっていますので、無理なく気持ちよく伸びているのを感じながら前後各5回ずつを目安に左右とも行ってみましょう。

寝ながら出来るので、おやすみ前やお目覚めのストレッチとしてもオススメです。

ストレッチポールもおすすめ

手軽にさまざまな部位のストレッチを自宅で簡単にやりたい!という方には、ストレッチポールがおすすめです。

バランスボールだったり、骨盤チェア、低周波などたくさんの健康グッズは、すぐに使わなくなってしまい今はどこに…

そうならずに、毎日ケアにオススメアイテムの基準で大切なのは、効果的・手軽というのが、最低で最高の条件ではないでしょうか。

ストレッチポールは、効果的で手軽にさまざまなストレッチを行うことが出来るので、是非参考にしてみてください。

家でできるポールを使ったストレッチ

終わったあとは身体が緩むので呼吸がしやすくなります。

また、身体に酸素が取り込みやすくなるため、疲労回復や脂肪燃焼、質の良い睡眠の助けにも効果が期待できますので、寝る前の準備にも最適です。

仰向けで寝転がるだけでいい!?

このストレッチポールはずっと仰向けで寝転がっているだけでも効果を実感できます。

さらに、数種類のエクササイズをその日の気分で組み合わせてたりしてもOK!

時間も1回10分〜15分だけなので使いやすいタイミングを見つけて習慣にできると良いですね。

オススメはお風呂上がりの筋肉が温まっている時。

そしてトレーニングをする前後やマッサージなどの施術を受ける前にもおすすめです。

手軽で毎日誰でも続く!

ストレッチポールは使わない時は部屋の隅に立てて置いておき、使いたい時も組み立てる事もないのでそのまま使えますので、本当にとても便利です。

また、重さも無いので、さっと取って上に寝転がり、呼吸を整えながら左右にゆさゆさ揺れ終わったら、立てかけるという手軽さです。

まとめ

ストレッチは毎日続けることで様々なことに効果が出てきます。

体の血行を促し、良くしておくことで、単純なスキンケアだけでは整えきれないお肌のトラブルも解決できるかもしれません。

どんなに高価なケア用品を使おうとも、毎日の不摂生な生活の体には無意味になってしまいますから、是非まずは顔に近い部分の肩と胸のストレッチから習慣にし、より効果の期待できる状態で、スキンケアを行っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました