ファスティングって?ミニ断食や週末断食でも効果はある??

SKIN CARE

ファスティングは、断食を指します。

美味しい料理やお酒を飲むことは、時間を有意義にしますよね。しかし、内臓は食べ物やアルコールを消化するのに常に疲弊しています。

さらに食を取りすぎは、肌荒れやむくみにもつながります。

食べすぎちゃったなあ。っていうそ時には『ファスティング』がおすすめです。

ファスティングをする事で内臓にも休みの時間を作れる上に、ファスティングを定期的に実施する事で7割の病気が治るという本もあるくらい注目の健康法なんです。

でも、断食ってずっと食べれなくて辛そう。

大丈夫です。できる範囲でも行うことで、効果を実感できるのがファスティング。

今すぐ始められるファスティング方法も合わせてご紹介いたします。

ファスティングとは?

ファスティングとは「断食」のことをいいます!

断食とは字の如く食を断ちます。とても辛いイメージがありますが、良く言われているファスティングは準備期を経て断食をし、回復食をするという1週間ほどの長い時間を使い、健康へと導きます。

しかし、今回私がオススメしたいのはそんな辛いファスティングではなく、半日断食、もしくは1日断食の短い期間で簡単にできる断食です。

これなら出来るかもと少しでも興味をもっていただければ嬉しいです!

そもそもファスティングをする理由とは?

現代人は「3食バランス良く食べることが健康の源だ」と家でも学校でも教わってきました。

しかし、身体のメカニズムや酵素の働きなどを知れば知るほど、食べることで内臓は休むことなく働き、常に余計なエネルギーを使っているということが段々と分かってきました。

断食の最大の目的は酷使している内臓を休め、本来の働きを取り戻してあげることです。

人間は体で使うエネルギーの約4割を食べ物などの消化活動に使っていると言われています。

例えば、野菜の消化時間は約1〜2時間、肉•魚•卵などのタンパク質は約4〜6時間、白米•麺類•パン•芋類などの炭水化物になると約6〜8時間も消化に時間がかかるそうです。

日常的に食べ過ぎてしまうと内臓が働きっぱなしになり、疲れ果て、口に入れたものが外に排出されるまでより多くの時間が必要になるという、内臓にとって負のスパイラルが出来上がってしまうのです。

ファスティングをするとどうなる?

まずは食べ物を断つ事で胃腸の活動を一旦オフにし、胃腸が正常に働ける環境を取り戻してあげます。

そうすることで胃腸の修復•回復に多くの時間を費やせる体質にシフトチェンジさせることができます。

胃腸の消化•吸収•排泄は、代謝•血液•免疫•ホルモン分泌•自律神経にまで深く関わっているため、まず胃腸が正常化することで改善する症状は驚くほど多いです!

さらに最近の研究結果では、人は空腹状態が続くと長寿遺伝子が活性化するという報告があり、この遺伝子から作られる酵素が様々な老化の抑制に重要な役割を果たし、最近ではファズティングはアンチエイジングにも効果があると注目をされています。

ファスティングで期待できることは、内臓の回復、免疫力UP、アンチエイジング、生活習慣病の改善、肩こり、冷え、むくみ、睡眠の質向上、肌荒れ、イライラ、花粉症のアレルギー症状の改善、などがあげられるのです。

いいこと尽くしですね!

まずは半日断食から始めてみよう!

ファスティングも調べれば調べるほどたくさんの方法があり、どれが正解か分からなくなってきてしまいます。

まずは自分の生活にあったベストな方法を見つけることです。

その1つの方法として、最初に半日断食をオススメします。これはとてもシンプルですが、朝だけの断食になります。

朝だけ断食でもいいの?

なぜ朝なのか?

というと、1日の人間の生理リズムは「排泄」「消化」「吸収」の3つに分けられます。

午前4時〜正午までは「排泄」、正午〜午後8時までは「栄養補給と消化」、午後8時〜午前4時までは「吸収と代謝」の時間となります。

朝の時間帯はちょうど「排泄」の時間になります。

汗や尿、便などと一緒に体に溜まった疲労物質や毒素や老廃物を体の外に出すのにとても良い時間帯になるため、口から食べ物は入れず、胃腸に休息を与え、排出を促してあげるという、体の摂理に合わせた理にかなった方法となります!

朝だけ断食の注意点

食べ物は取りませんが水分は摂取できるので、しっかりと水分は取りましょう!

空腹に耐えた分、正午〜午後8時までの「栄養補給と消化」の時間で体が喜ぶものを意識して摂取してあげましょう!

慣れてきたら1日断食に

1日3食の生活が当たり前の方には慣れるまで大変かもしれませんが、1日食事のことを気にしなくても良いと、思考を変えればちょっと前向きになれるかもしれません!

例えば、食事の献立を考える時間も、食材を買いに行く時間も、食事の時間もいわば自由時間になります!

その分、好きなことに集中することで気持ちも紛れることでしょう。慣れてくると空腹の時間も心地よく感じることが出来ます!

もちろんお水は飲んでOK!水分摂取は1、5ℓ〜2ℓが目安となります。

どうしても空腹に耐えられない時はスポーツドリンクを2口噛むようにして飲みましょう!

1日ミニ断食、週末断食のポイント

1日断食のポイントとしては、前日の食事を軽めにすることと寝不足にならないように日付が変わる前に眠ることです。

しかし、それでも強いストレスを感じながら断食を行うのであれば、また趣旨が変わってくると思いますので、絶対に無理をすることはありません。

1番は自分のペースで行うことだと思いますので、しっかりとファスティングのことを理解した上で生活に取り入れていきましょう!

まとめ

簡単にファスティングについてお伝えしましたが、かなり奥が深い健康法だと思います!

1日断食に慣れてきたら、酵素ドリンクを飲みながらなど、いろんなファスティングの方法もありますので、自分に合った方法でファスティングを取り入れて、目的ごとに選んでいただくといいのではないでしょうか。

まずは半日断食から始めて、肌の調子を整えたり、むくみのない一週間にしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました