男の乳液不要説ってホント??乳液の役割とその効果

SKIN CARE

皮脂の多い男は、乳液は不要!?

いやいや、お肌に蓋をするっていうじゃないか、化粧水で肌に潤いを与えた後に蒸発しないように乳液は必要じゃない?

一体どっちなんだ??

これからスキンケアを行おうとしているのに、様々な説があって混乱している方もいるかと思います。私もその一人でした…

同じようにお迷いの方に出した結論をご紹介して、その理由もお伝えしたいと思います。

そもそも乳液の役割って

役割は、肌の保護です。

その解釈の仕方で、このような混乱が起きていると想像します。私の解釈は、肌の保護の補助といったところでしょうか。

油分の足りなさを感じたときに、部分的に使ったり、時期限定で使ったりしていければ一番いいのではと思っています。

男性のスキンケアに乳液は、不要な方がいい

少し誤解があるかもしれませんが、乳液を必要としない人やしない時期のほうが多いということです。

また、蓋をするという概念自体がちょっと化粧品業界の販促なのではとも思っています。

さらには、個人差があることなので、統計的にはいらないのではという見解です。

日本人の多くが、混合肌

要は、肌タイプによって変わるということですが、これもまた肌タイプで分けていいの?って思っちゃいます。

その部分を差し引いても混合肌の人口が圧倒的に多いことは間違いないですよね。

肌に蓋したって、蒸発するでしょ

乳液で蓋しても正直蒸発しますよね。

どちらかというと、肌の温度やその場所の湿度などのほうが大きく影響することは容易に想像がつきますね。

ただ、時期によっては乳液は必要となる

四季のある日本で暮らす場合、乾燥した時期になると肌も乾き気味になってくることが大いにあると思います。

しかも、普段皮脂量の多い方でも乾燥時期は、肌荒れや肌乾燥を感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

その際は、乳液やクリームは必要となっている状態と思います。

乳液なのかクリームか

乾燥した時期に、乳液をと決めたいところですが、手軽に塗れるクリームのほうがいいのではということもありますよね。

その乾燥の症状によって、その扱う形状は検討したほうがいいとも言えます。

乳液とクリームの違い

乳液とクリームの違いは、水分と油分の配合された割合です。

クリームのほうが油分が多いということになります。このことから用途としては、化粧水あとのケアとして利用するということは一緒ですね。

乳液とクリームどちらがいいのか

どちらも行う必要はなく、どちらか扱いやすいほうでいい。

もちろん、メーカーや内容によって、選び方も使い方も変わってきますが、できるだけ手間を減らした方がいいと思います。

何よりいろいろなものを塗るってことは、その分肌に触れる工数が圧倒的に増えますからね。

先に試すのは、乳液がおすすめ

用途が同じお肌を保護することだったとしても、余計な油分というのが厄介で、注意が必要です。

油分が多すぎてしまうと、菌のえさとなってしまうためにニキビの原因や肌荒れの原因にもなってしまうため、自分にどのようなものが必要なのか確認する際は、乳液から試しましょう。

男性が乳液を取り入れるにあたって

スキンケアは、年齢や行っている洗顔から始まり、化粧水やその過ごしている環境と様々なものが影響しています。

乳液までこだわるまでの道のりは長い

まず根本的に大切なのは、肌にいい食事と生活リズム。

次に、皮脂量に合わせた、洗顔。

そのあとは、できるだけ顔に触れる回数を減らしながら、十分な保湿が必要と思っています。

なので、乳液などにたどり着くには、どれだけの費用をかけることになっているのか…

その分を、栄養バランスを取るようにサプリメントに回すなど優先すべきことが多くあると思います。

乳液は、補助的立ち位置

乳液や、クリームは、その季節や環境や自分の状態(年齢)によって必要性を判断していければと考えています。

きっと乳液は、どうやって選ぼうかなと思っている方で混乱している方もいらっしゃるかと思いますが、まずは手軽に満足できるようなスキンケアの方法が一番肌にとっていいことになりますので、補助役として検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

私は、オールインワン化粧水から始まっていてまだ、肌の過乾燥を感じていない為、そのまま2ステップのスキンケアにとどまっています。

この先、冬に乾燥してという状況が来た際は、化粧水の回数を一度増やしてみて、それでも上手く行かない際は、乳液や保湿液、クリームを試してできるだけ軽微にとどまるようなものを選びたいと思います。

何より日々の食事のより一層の改善と食事やサプリメントに気を配っていきますね。

タイトルとURLをコピーしました