【ワニ革など】エキゾチックレザーのお手入れの手順とポイント

LEATHER ITEM

クロコダイル【ワニ革】、リザード【トカゲ革】、パイソン【ヘビ革】などエキゾチックレザーと呼ばれるものには、たくさんの種類がありますが、その中でも最高級革の代名詞とも言われる クロコダイル【ワニ革】 の革靴や財布のお手入れについてご紹介しますので、他のエキゾチックレザーについてもお役に立ててください。

クロコダイル【ワニ革】の革靴のお手入れ

一般的な皮革【スムースレザーなど】との大きな違いは、そのウロコの美しさです。そのウロコの美しさを生かすようなお手入れは、もちろん人それぞれの好みもありますので、つやのあるお手入れと、マットな仕上がりのお手入れでご紹介していきます。

エキゾチックレザーの日ごろのお手入れ

ワニ革などのエキゾチックレザーのお手入れは、ブラシングと乾拭きが基本的なお手入れとなります。

一般的な牛革よりもさらに水分や油分などを嫌うため、リムーバーなどの汚れ落としが使いにくいことも特徴です。

また、逆に水分を嫌うということで、極度な乾燥も避けましょう。雨に濡れたからと言ってドライヤーなどで乾かしたりなどしないように!

美しいツヤのあるワニ革のお手入れ

基本的には、ブラッシングときれいな布での乾拭きでOKです。あまりゴシゴシしてしまうと、ツヤ加工に傷がついて濁ってきてしまうので、優しく拭いてあげましょう。

また、ブラッシングのブラシは、毛の柔らかい山羊毛などがいいでしょう。

艶は、研磨して出しているものと、ラッカーで出しているものがあり、ラッカーのものにクリームを使うとつやが消えてしまうためどちらかわからない場合は、控えましょう。

そして、艶をある程度取り戻したい場合は、クロコダイル専用クリームを使いましょう。シミにならないか、目立たない場所で試し塗り広げていきます。

マットな仕上がりのワニ革のお手入れ

日ごろの埃や汚れ、油分の付着で革の劣化につながります。特に財布など手で触れるものは見えにくい手の油分が付着しますので、定期的に乾拭きしてあげましょう。

マットな仕上がりのエキゾチックレザーは、使い込むうちに独特のつや感が生まれるようにできていますので、是非利用した際は、都度きれいな布で優しくなでるように拭きましょう。

ワニ革製品の保管時のポイント

特別な靴になるからこそ、保管の期間も長くなりますね。

一般の革とはすこし特別扱いしてあげましょう。

保管の際の準備

  • 乾拭きして埃や汚れを落とす
  • シューキーパーを挿入する
    ※財布や鞄の場合は、中に色移りしない白い紙を入れて形を整えます。
  • 不織布などの袋に入れる
乾拭きして埃や汚れを落とす

柔らかい毛足のブラシで、ブラッシングし柔らかい布で優しくなでるように拭き上げます。

シューキーパーを挿入する

形を整えることも重要で、せっかくの凹凸の美しい革の特長が余計な深いシワが増えることで台無しになってしまいます。

また、革を伸ばして埃がたまりにくい環境にもしてあげましょう。

不織布などの袋に入れる

色移りが心配です。一般の革よりもデリケートな染色となり、一度汚れを革の繊維に入れてしまうと取れませんので、つかないようにすることが大切です。

保管時の注意点

  • 日陰の場所で直射日光はさせる
  • 風通しの良い場所へ保管【密閉状態を避ける】
  • 色移りに注意 
    他の革靴や革製品などと一緒に保管する場合は、デリケート皮革であるゆえに色移りが心配です。保管の際は、通気性に優れた不織布の袋に入れるなど、カビにも気を付けて保管しましょう。
利用すべき乾燥材

乾燥剤は基本的には、利用せずに保管しますが、どうしても利用しなければいけない環境であればシリカゲル系のものを利用し、保管場所においてください。

他の乾燥剤は、液状化の恐れがるため控えましょう。

ワニ革【エキゾチックレザー】の革靴を長持ちさせるためにすること

とにかく、使うごとに乾拭きと形を整えることですね。濡れてしまった場合は、強くこすらないように、押し当てる要領で、きれいな布で水分を吸いだします。

一般の革(牛革)との違いは、水分を嫌うことなので、そこに注意して日々のお手入れをして長く使っていきたいですね。

スポンサーリンク

お手入れに必要なもの

  • 乾いた布
  • 毛の柔らかいブラシ
  • 形を整えておくためのシューキーパーや詰め物(白い紙など)
  • 不織布の袋
  • 専用クリーム

専用のクリームのご紹介

一般の皮革用クリームと違い少量を取り、塗布してほしいと思います。塗りすぎてしまうと乾燥までに時間もかかり、艶出しも上手く行きません。

薄くのばす要領で使用してもらうため、容量の多いものはおすすめしません。

クロコダイル(ワニ革)製品のおすすめ

その他のエキゾチックレザーについて

爬虫類などのデリケートな革製品には専用のケアが必要です。

特にデリケートなものになると水分がとても苦手なのは、クロコダイルと同じなため、牛や豚以外の皮革については、専用のクリームを確認して利用しましょう。

また、うろこが特徴のエキゾチックレザーは、ブラッシングをする際に目の向きを確認してその目に沿って行いましょう。

ウロコがめくれてしまわないように注意する点です。

終わりに

エキゾチックレザーは、クリームや汚れ落としは基本的には使わず、乾拭きでつやを維持していきます。一般の皮革製品同様、長くきれいを保つには、日々のお手入れが必要ですが、ブラッシングと乾拭きをこまめにしてあげるに尽きます。

特に、これらの革製品は最高級品皮革ということで、販売元もアフターケアをしっかり準備していますので、つやが無くなってしまったなどの場合は、メーカーに相談しましょう。

タイトルとURLをコピーしました