【スエードやヌバック】起毛皮革のお手入れの手順とポイント

LEATHER ITEM

ブラッシングでのお手入れが基本

スエードやヌバックなどの起毛皮革のお手入れの基本は、ブラッシングです。

ブラッシングすることで、毛並みを整えたり、埃を落として切れにすることが出来ます。

スエードのお手入れの作業手順

  1. シューツリーを挿入
  2. 埃落としのブラッシング
  3. 仕上げのブラッシング

シューツリーを挿入

シューツリーを入れることで、革のしわや寄れが伸びて細かい部分までお手入れが出来るようになります。革全体に張りを持たせて起毛皮革特有の毛並みを整えることが、しやすくなります。

埃落としのブラッシング

真鍮ブラシがおすすめです。

一見革を痛めてしまうように見えますが、スエードなどの起毛皮革は、もともと革の表面に傷をつけた状態の加工方法によって製作されていますので、革が裂けたりしないように気を付ければ問題ないのです。

トリコ
トリコ

起毛皮革は、そもそも革に傷をつける要領で加工しているから、真鍮素材のブラシがより汚れの掻き出しに有効なんだ。

起毛した毛に汚れが入り込んでいますので、その埃をブラシングして落とすことで、掻き出してつぶれた毛も起こしてくれるので、真鍮ブラシがおすすめです。

仕上げのブラッシング

スナップをきかせ、いろんな角度からブラッシングします。最後に一方向からブラッシングして、毛並みを整えます。

ほとんどの起毛皮革の靴は、つま先から履き口へ向かって毛並みを整えるようにブラッシングすると上手く行き、きれいに整えることが出来ます。

スエードやヌバックの汚れ落とし

ブラッシングで落とすことが出来ない汚れは、消しゴムタイプのクリーナーでこすり落とします。油性の汚れは、スプレータイプのクリーナーがおすすめです。

手順は、消しゴムタイプのクリーナーでこするです!

トリコ
トリコ

どうしても汚れが落としきれないときは、専用の消しゴムで落としちゃおう。

スエード用消しゴムタイプのクリーナーでこすり落とす

細かいゴム部分は、粒子をブロックにした消しゴムタイプのクリーナーで軽くこすると汚れが落とすことが出来ます。

効果的に汚れを落とすことが出来、おすすめですが、色の濃い靴を摩擦でこすることになるので、注意が必要となります。

起毛皮革【スエード】の補色・仕上げ・栄養の補給

濃い色の起毛皮革(スエード・ヌバックなど)は、色あせがありますね。基本は、補色剤で補色して戻すことになります。

起毛皮革にも栄養補給は必要ですが、クリームは使うことが出来ないため、専用の栄養スプレーで保革していきます。

トリコ
トリコ

スムースレザーと違ってクリームが利用できないので、スプレータイプか、液体タイプの補色剤を使います。

マスキングが必要なスプレータイプよりも液体タイプをおすすめします。

スポンサーリンク

手順

  1. 補色剤の塗り込み
  2. 仕上げ
  3. 栄養スプレーをかける

補色剤を塗り込む

起毛皮革部分以外のパーツをマスキングテープにて隠し、色あせしている部分からムラになることが無いように、満遍なく塗り広げていきます。

仕上げ

通気のいい場所で、乾燥させて色が定着したら真鍮ブラシでもう一度均一方向にブラッシングします。

専用の栄養スプレーをかける

補色剤を使うほどでもないけれど、色がかすれているものに関しては、発色効果のあるスプレーがありますので、色調を整えてもらいましょう。

正しい認識で、起毛皮革のお手入れをされたものは、水を寄せ付ません。

ホワイトバックス

白い起毛皮革のこと。『ホワイトバックスキン』の意味。

鹿革には、牛革同様、皮革も起毛皮革も存在しますが、歯科以外を含めた白の起毛皮革が総称されて呼ばれる。

トリコ
トリコ

『ホワイトバックス』ってなんかカッコイイ名前だね。

ホワイトバックスのお手入れ

基本的なお手入れは同じですが、汚れをつきにくくしておく必要があります。

  1. 汚れ落としのブラッシングと消しゴム
  2. 栄養防水スプレーをかける

汚れ落とし

起毛皮革のお手入れと同様に真鍮製のブラシでブラッシングし、毛に入り込んだ埃、汚れを掻き出します。

ブラッシングで落とすことのできない汚れは、消しゴムタイプの汚れ落としで、こすって落とします。

栄養補給・保護

スエード用の栄養防水スプレーをふりかけ、表面を保護し、汚れが付きにくくします。栄養が入っているスプレーのため、浸透して革が柔軟になっていきます。

まとめ

スエードやヌバックなどの起毛皮革の場合は、ブラッシングがとても大切ということがわかりましたね。

革に傷をつけて加工しているので、その起毛した毛の間に汚れが入り込み汚れているため、柔らかい毛のブラシではなく、真鍮ブラシで汚れを掻き出すことで、きれいにすることが出来ます。

また、それでも落とすことが出来ない汚れに関しては、消しゴムタイプの汚れ落としが有効で、優しくなでるようにこすって色あせしないように気を付けて行いましょう。

さらに白い起毛素材は、ケア後の汚れ対策もしながら、栄養補給もしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました