JALAN SRIWIJAYA【ジャラン スリウァヤ】のヒストリーとおすすめデザイン

LEATHER SHOES

最高のコストパフォーマンスとの呼び声高いジャランスリウァヤは、高級ブランドに慣れた革靴ファンも納得の品物です。

ブランドヒストリー

革靴でインドネシア!?でも人気の所以が知りたいですよね!

何か理由があることは、間違いなさそうです。

創業

1919年にテデ・チャンドラによってインドネシアで創業した靴工場JALANSRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)は、オランダの植民地であったことから外国人向けのミリタリーブーツを手掛けていました。

その後、経営者の息子ルディ・スパーマンが「これからは平和の時代だ」という想いから、靴の聖地であるイギリスのノーザンプトンで修行を積み、

フランスで皮革の生産を学び「ハンドソーンウェルテッド製法」での靴作りも可能にしました。

そして2003年に待望の「JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)」ブランドが誕生するのです。

http://www.jalansriwijaya.com/about/

イギリスブランドの堅牢なデザインと皮革の剛健な印象に似ているのは、原点にあったんですね!

人気の所以

やはり、コストパフォーマンスの高さでしょう!数々の高級ブランドを愛用している革靴フリークもその革質に一目置いています。

ちなみに、アッパーにフランスのアノネイ社ハイグレードカーフを使い、底材には、ベルギーのアシュア社の物を使用しています。

革靴の真価が問われるのは、3年以上先ともいわれますが、利用者の中にも経年変化を楽しんでいる利用者も多いことから、その品質の高さが伺えます。

厚めの革質が好きな方は、革のなじみについても満足の声をあげているのでお手入れを定期的にできれば、長く付き合うことが出来る革靴の1つと言えますね!

革靴のおすすめデザイン

スポンサーリンク

ストレートチップ(ダイナイトソール)

厚手の革が馴染めば、履き心地のいい相棒に変わります。普段使いも考慮したダイナイトソールのこのモデルは、スーツにピッタリで歩きやすいのでおすすめです!

プレーントゥ(ダイナイトソール)

やはりストレートチップと合わせて検討したいですね!普段使いもできるのでおしゃれなデートにも最適です。

ダブルモンク

革の堅牢さを生かしたシンプルなアッパーに、ストラップが映えますね!縫い目の少ないシンプルな作りのデザインが個人的にはおすすめです。

また、こちらのモデルはブラウンも推し靴です!

タイトルとURLをコピーしました