ハイドロディップとは!?必要なものと手順

HYDRO DIP

ハイドロディップってインスタグラムや、ユーチューブでも目にするようになりましたね。

オリジナルのスニーカーを作るための技術で、デザイン次第では、自分でも作ることが出来るんです。

日本では、水圧転写といい転写用のスプレーやデザインシートを使って、色や柄をスニーカーの好きな部分につけることが出来る技術なんです!

世界に一つのスニーカーを作ってみませんか!?

ハイドロディップに必要な道具

ハイドロディップに必要な道具10点
  1. 水を張る容器
  2. 色付け用の塗料
  3. 転写スプレーまたは、転写シート
  4. 定着液スプレー
  5. アクリルフィニッシャー
  6. マスキングテープ
  7. カッター
  8. ガスマスク
  9. ゴム手袋
  10. スニーカー

1,水を張る容器

靴を丸ごと入れ込めて、転写シートも広げられる大きさのものを選びましょう!衣装ケースなどがおすすめです。

2,筆

転写以外でデザイン的に色を付けたい場合に必要となります。

塗る面積によって、太さを選んでくださいね!

スポンサーリンク

3,色付け用塗料

転写するマーブル模様と合わせて色のチョイスをすると、上手く行きます。

慣れてきたら、色を混ぜてほしい色を作ってみてくださいね!

4,転写スプレーまたは、転写シート

転写用のスプレーは、2色から3色程度から始めるといいでしょう!

あまり色の数が多すぎると煩雑なデザインになってしまいますので、ご注意ください。

転写シート

転写用スプレー

5,定着液スプレー

定着液は、転写前に塗布することで塗料の定着を促進して、きれいな転写に役立ちます。

6,アクリルフィニッシャー

転写後の塗料の保護膜を作るために利用します。

せっかくのきれいな色がすぐに落ちないように役立ちます!

7,マスキングテープ

太さの違うものがいくつかありますので、二種類くらいあると便利です。

着色したくない部分に貼って、色がつくのを防止します。また、水につけることになるので靴が濡れにくくするためにも使います。

面積が広い部分のマスキングテープ

細かい部分のマスキングテープ

8,カッター

少し特殊なカッターが必要です!

アートナイフといって細やかな裁断に使うカッターです。

9,塗装用マスク

スプレーを使ってデザインする場合は、塗装用のマスクを使いましょう!

屋外での作業は必須ですね。

10,ゴム手袋

薄手の使い捨てのゴム手袋がが便利です!

塗料がたくさんつきますので使いまわしは、できませんので、こちらがおすすめです。

11.スニーカー

白いスニーカーがおすすめです。

ナイキのエアフォース1が良く使われているのは、切り返しの量とアッパーのパーツごとの面積が各々ちょうどいいこと。

シンプルなスニーカーデザインですが、ハイドロディップする上でもそのシンプルさだけでなく、そのパーツへの配色をしても失敗が少ない作りになっている点が重宝されている理由です!

是非、ナイキエアフォース1でも試してみてくださいね。

ハイドロデップのやり方

準備すこし大変でしたよね…

いよいよ作業に入っていきますよ!

下準備

まずは、新品のスニーカーに定着液スプレーを吹いていきます。

靴全体に満遍なくお願いします!

そのあとは、マスキングテープで、塗料を付着させたくない箇所を保護し色がつかないようにします。

着色!いやまだ準備です。

準備した容器に水を張ります。八分目程度汲んでください。

大きなゴミが入らないように気を付けてくださいね!

転写シートを水面に乗せます。

この時スプレーで行う際は、スプレーでマーブル模様を作るように、準備したスプレーを交互に水面に吹き付けていきます。色味のバランスが取れるよう拭いて下さい。

そして、着色

スニーカーを伏せるように水面の塗膜にくぐらせます。

ゆっくりくぐらせてくださいね!

スニーカーが、水中にすっぽり入ったら、手首を振って水中で揺らします。外に出す際に再度塗料を付けてしまわないよう気を付けて出してください。

片方が終わったら、もう片方も同じように行います。

外に出したら乾燥させます。

仕上げ

乾燥後は、仕上げに入ります!

用意した筆と塗料で単色で塗りたい部分を塗っていきます。

この際も、マスキングが必要な場合は、再度マスキングを行ってください。

マスキングは、手間をかけただけきれいに仕上がりますので、マスキング作業は丁寧に行っておきましょう!

また、乾燥させて最後にアクリルフィニッシャーで保護するために筆で塗布します。そして乾燥したら、マスキングを取って完了です!

まとめ

ハイドロディップでスニーカーは、かっこよくなりそうですか!?自分でデザインしたスニーカーなんて素敵じゃないですか!手順の把握と、乾燥時間の確保とマスキング技術が必要となります。

細部まできれいに仕上げる際は、時間をかけて行ってくださいね。

また、初めはいらない靴で試してみることをおすすめします。

きっと一度やってみたら、もう少し学んでみようということになるでしょう。その時は、またこのページに遊びに来てくださいね!

オリジナルのスニーカーをデザインして足元を楽しんでみてください。

タイトルとURLをコピーしました