【靴磨きの布の巻き方】この二つの巻き方を覚えればOK!!

SHOE CARE

靴磨きの際の布の巻き方は、靴磨きをはじめるにあたって初めに覚えたい技術の1つですね!

ここでは、汚れを拭き取る際の巻き方と、磨く際の巻き方の二種類の巻き方についてご紹介していきます。靴磨きに慣れてくると、やりやすい巻き方が変わってくる方もいますが、是非最初はこちらを参考にしてみてくださいね。

巻くことに慣れると、汚れを落とすことも、磨くことも時間の短縮になります!

汚れを落とす際の布の巻き方

汚れを落とす際、余分なクリームを拭き取る際には、この巻き方で十分です。

手順

汚れを落とす作業は、ささっとふき取るだけですので指にくるくるっと巻くだけでOKです。

2本の指で挟んで、巻き始めます。

指の根元に向かって巻いていきます。

2.3周くるっと巻くと固定されます。

親指で支えながら、ささっと磨きましょう!

靴を磨く際の布の巻き方

ぐっと締めることが出来るように、マスターしましょう!

コツは、磨く際に革靴を撫でる指の腹の部分に重なりや、折り目ができないようにすることです。

手順

人差し指と中指の腹にシワが寄らないように親指で支えながら縦に包みます。

後ろに持って行った布を、ねじって包まれた人差し指と中指を固定します。

ねじった布を指の根元に巻き付けて、矢印の布に左手に持っている布を上から入れて引っ張ります。

ぐっと引っ張ると締まるような感触があれば完成です!

【番外編】巻き方覚えるよりも簡単に済ませたい方に

私もたまに簡単に済ませてしまいたい時に使っています。靴磨きの重鎮の方には、邪道だと怒られてしまいますが、綿の手袋を利用します。

コットンTシャツを手袋にしたようなものです!

価格が安い上にサイズも豊富、ワークマンなどのお店でも調達が可能ですので、是非手早く靴磨きを済ませたい方は、検討してみてくださいね!

最後に

こだわりの布を用意して自作し、巻き方をマスターしたらきっといつもの靴磨きも職人に慣れたような気分が味わえること間違いなしですね!

布は、自作で作ることで希望の長さや生地で作ることが出来るので、おすすめです。巻き方をマスターしてより一層の艶を楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました