座り心地のいいソファの選び方について【フレームワーク編】

LEATHER ITEM

ソファのある暮らしはとても優雅で時には機能的です。固めが好きな方、包まれるような座り心地が好きな方、置く場所や利用方法によって変わりますが、リビングで快適にくつろぐのであれば、フェザーやダウンの混合クッション仕様がおすすめです。

張りのある日常を作るために様々な種類のソファの作りを知って、ご自身にあった座り心地の良いソファの選びましょう。

ソファの内部構造【座り心地とくつろぎ方】

ソファの内部構造はフレームワークと詰め物の組み合わせで形成されています。フレームワークは、フレームとアームを差します。

詰め物は、ウレタンやフェザーといった直接体に触れる部分となり、この組み合わせで、座り心地と耐久性が決まります。

ソファという製品になると見えませんが、利用する際のくつろぎ方が変わります。また、内部構造によっては、座面部分の厚みが変わり、デザイン面にも影響します。張地と合わせての検討をおすすめします。

座り心地のいいソファの選び方について【張り地マテリアル編】

4つの座面の仕様

座り心地と耐久性に直結する4つの内部クッション。価格への影響も考慮して選びましょう。

ウェービングベルト(ゴム)

出典:amazon.co.jp

幅の広いゴムを格子状に張り込みその上にウレタンなどの詰め物を仕込み座面を形成します。安価に作成できるためできるだけ手ごろな値段でお探しの方におすすめです。利用方法によっては劣化が早いのが特徴です。

Sバネタイプ

出典:amazon.co.jp

内部にはスプリングが内蔵されており、主にsバネと呼ばれるバネが内蔵されていてその上にウレタンやフェザーといったクッション材で覆われ、快適性を保っています。
フレーム内で薄く収まるバネ形状のため、もっとも多くのデザインのソファに用いられていて、耐久性も高くコストパフォーマンスがいいものをお探しの方におすすめです。

コイルスプリング

出典:amazon.co.jp

コイルスプリングは連結したスプリングで形成されている仕様です。デザインによってはウレタンなどの詰め物が薄くなりがちで、バネ当たりが出やすいことに気を付けて選んでください。コイルの厚み分座面の厚みが出るためデザインの制約が出やすくなります。

ポケットコイル

出典:amazon.co.jp

一つ一つのコイル(バネ状のもの)が袋に入って独立した動きをするため、隣に座っている人の振動の影響が少ないため、2人以上での利用に向いている構造となります。

手間とコストがかかるため高級品となります。マットレスでの採用が多い仕様となります。
コイルスプリング同様、コイルの厚み分シート部分の厚みが出ます。

ポケットコイルのメリット・デメリット

3種類のアームレストの内部

ソファは、座るだけでなく横になったりソファそのものを背もたれにしたりとくつろぎ方は様々ですね。アームレストの作りによっても快適さが変わります。

ボックス型

出典:Boconcept.jp

内部の心材(木材)がしっかりと角の立ったボックス型になっているタイプ。太いアームレストになると、アームにも腰を掛けることもできます。低めのデザインを選んでいただくとソファを囲むようにくつろぐことができます。
また、太いものは低重心の重厚なデザインとなりますので、モダンなデザインがお好みの方におすすめです。

傾斜型



内部の心材(木材)が座面に向けて斜めになっているタイプ。ソファの座面に横になった際には角が立っていないためアームに乗せた頭に負担がありません。中には見た目はボックスですが、中の心材だけそのような加工になっているものもありますので、気を付けてお選びください。

木製アーム



フレームとともに木質のむき出しの形状。樹種によっては経年で変化を楽しみながら利用でき、木の風合いとともに過ごすことができます。いろいろなくつろぎ方を想定すると、別途クッションとの併用は不可欠ですので、クッション選びも楽しみの一つですね。
カバーリングタイプは、フレーム部分の交換が通常のものより軽減できるため、交換時のコストが軽減できます。

スポンサーリンク

詰め物の種類

詰め物は一種類のみで形成されることもありますが、2種類3種類と組み合わせりて製品化されることもあります。座った際の沈み込みや体のあたりの好みで選びましょう。内部の仕様によってデザインに制約も出るためデザイン面の考慮してバランスのいい選び方をしましょう。

ウレタン

出典:amazon.co.jp

厚手のウレタンを一枚で形成するものや、ウレタンをチップ状にして形成するものがあります。ウレタンの密度が濃いものは固く、耐久性に優れます。内部のフレームが着座した際に当たりが出てしまわないよう薄すぎるものは避けることをおすすめします。

フェザー



フェザー(羽)は、ウレタンのチップなどと混ぜて形成されることが多い詰め物になります。空気を含む素材なためよりあたりがソフトになります。寄れることもありますが、座面のクッションが取り外しできるものであれば、すぐに直すこともできるので柔らかい座り心地が好みの方におすすめです。
また、羽の中心部分の芯が太いものはごつごつした感触が残るため、できるだけ羽の小さいものを選びましょう。

ダウン

出典:amazon.co.jp

ダウン(羽毛)は、フェザーよりもより空気を多く含み本当にソフトで沈み込みのおおきい素材です。フェザー同様、フェザーとウレタンチップと合わせて形成されることが多く、体に近い部分に施工されます。座った際に包み込まれるような座り心地を好む方におすすめです。

まとめ

リビングの主役のソファはくつろぐ際に共にする時間が長くなります。デザインはもちろん座り心地も重視して選びたいですね。

人によって硬さの好みも分かれると思いますが、素材の特性を理解し、長く付き合えるソファに出会えるよう参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました